CoinPostで今最も読まれています

NFTブースを新設、第2回 ブロックチェーンEXPO【秋】の出展社募集

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン専門展に「NFTゾーン」

2021年10月に、千葉県の幕張メッセにて、第2回ブロックチェーンEXPO【秋】が開催されます。

ブロックチェーンEXPOとは、社会のあらゆる場面でブロックチェーン技術を実装することを目指し、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン関連企業のソリューションが一堂に出展するブロックチェーンの専門展です。2020年より始まり過去に複数回開催されている同イベントは、製造・小売流通・金融・医療・エネルギーなど多岐に渡る業界の方々が来場し、活発な商談を行いビジネスパートナーが得られる場として好評を博しています。

今回のブロックチェーンEXPOでは、初の試みとして「NFTゾーン」が新設されます。NFTゾーンには、デジタルアート・アニメ・ゲームを始めとしたNFTと親和性の高い分野の企業だけでなく、NFT技術のビジネスへの導入を検討している様々な業種の企業が訪れます。

さらに、今後ビジネスシーンでの活用が加速することが見込まれるAI・人工知能と量子コンピューティングを対象とした展示会も同時開催します。

すでに世界中のあらゆる業界で導入が進み、ユースケースが多様化しつつあるブロックチェーン。その国内最大級の展示会は参加企業にとって、示唆を与えるようなビジネスとの出会い、パートナー企業発掘のきっかけになることでしょう。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

業界第一人者のセミナーと「NFTゾーン」

2020年より始まった同イベントでは、業界を代表する企業が出展しており、有識者による大規模なセミナーも行われています。前回開催時の出展者やセミナーの登壇者、今回新設される「NFTゾーン」について解説します。

歴代の出展社とセミナーの講師陣

前回、2021年4月の開催時においても、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」や仮想通貨取引所「LINE BITMAX」を運営するLVC株式会社によるブロックチェーンプラットフォーム「LINE Blockchain Developers」や株式会社アバンギャルドチェーンによるNFTを活用したゲーム『クリプトガールズフロントミッション』やNFT活用総合プレイプラットフォーム「リップスジャパン」など数十の企業によるプロダクトが出展されました。

また、前回のセミナーでは、以下のような業界の名立たる有識者が登壇しました。

  • 日本ブロックチェーン協会代表理事兼、株式会社bitFlyer Blockchainの代表取締役 加納裕三氏
  • LVC株式会社の代表取締役社長 林仁奎氏
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社の執行役員 髙田充康氏
  • 株式会社電通グループのプロデューサー 鈴木淳一氏
  • 株式会社日立製作所の金融システム営業統括本部 事業企画本部 長 稔也氏

同セミナーは、最先端を行くブロックチェーン関連ビジネスに関する知見を得ることができる機会として、来場者から好評いただいています。

「NFTゾーン」について

同イベントでNFTゾーンを新設する背景について、主催のRX Japan株式会社(旧:リード エグジビション ジャパン株式会社)は次のように説明しています。

デジタルデータに唯一無二な資産価値を付与し、新たな売買市場を生み出す技術として脚光を浴びている「NFT(Non Fungible Token:非代替性トークン)」。2021年3月、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏の出品した初ツイートが約3億円で落札されたことで急速に注目を集めたこの技術は、デジタルコンテンツの世界だけでなく、アート、ゲーム、音楽、IP/版権版売など、様々な分野への展開が期待されています。

そうした中、多くの来場者より「ブロックチェーンEXPOの中に、NFTに特化したエリアを作ってほしい」「最新のNFT技術、NFTに関するトレンドを見たい」という声が多数寄せられ、事務局では本ゾーンを新設することを決定いたしました。

NFTゾーンでは、NFT技術を有する出展社がマーケットプレイスを含めたNFTプラットフォームやその他NFT関連プロダクトを出展。アート・ゲーム・音楽・IPホルダー(キャラクター、ブランドなど)などのNFT技術のビジネスへの導入を検討している事業者に対する技術紹介を通じて、商談や導入の打ち合わせを行います。

また、NFTやブロックチェーンに関するセミナーも同時開催します。モバイルゲーム開発企業gumi取締役会長兼、ブロックチェーンを活用した新世代のクラウドファンディング「FiNANCiE」の運営企業フィナンシェの創設者 國光宏尚氏をはじめとした業界の第一人者が連日講演し、業界関係者を多数誘致する予定です。

自社のNFTプロダクトをPRしたり、NFTへの知見を深め、ビジネスへの導入の手がかりを掴んだりするには最適な場と言えます。

AIや量子コンピューティングの専門展も同時開催

今後ビジネスシーンでの活用が加速することが見込まれるディープラーニング、機械学習、対話AIなどAI/人工知能や量子コンピューティング技術を対象とした展示会も同時開催されます。

これらのサービスが一堂に集結し、DX(テクノロジーの普及により人々の生活を便利なものにすること)推進を目指すあらゆる業界の企業が、製品のデモ体験や商談を行う機会として提供されます。

出展を検討中の企業様へ

近年、国内企業におけるNFTを含めたブロックチェーン技術の導入の需要は益々高まっています。

2020年よりブロックチェーンの専門展として開催されているブロックチェーンEXPOは、毎回数多くの企業関係者が来場しており、前回開催時は一日平均4,000人以上、3日間の合計では13,000人を超える来場者数を記録。企業間での活発な商談が行われ、実際にサービス導入に結びついたり協業関係が結ばれたりする事例も少なくありません。

分野を問わない様々な業界の企業とマッチングしビジネスチャンスを広げる機会として、本イベントをご利用ください。

出展をご希望の企業様は、まずは資料請求フォームより必要事項を入力の上、資料のご請求をお願いいたします。

参加をご希望の方へ

ブロックチェーンの専門展として開催される「第2回ブロックチェーンEXPO【秋】」。同イベントでは多くのブロックチェーン関連企業が出展し、有識者による大規模セミナーが繰り広げられるだけでなく、同時にAIや量子コンピューティングの専門展が開催され、さらに今回新たな試みとしてNFT技術・コンテンツが集結する「NFTゾーン」も設けられます。

様々な企業の最先端のプロダクトを直接目にし、触れることができ、担当者から説明や提案を受けることができる点などが好評で、過去の開催時の来場者からは「製品を直接見ながら提案を受けることもでき、製品導入を進めたいと思えるものもあったため来てよかった」「人(担当者)と直接話すことで生まれる空気によって信頼できる会社かどうかがわかるのがよいところ」といった感想が聞かれました。

ビジネスパートナーの発掘や業務効率改善のためにサービス導入を検討している企業にとってはまたとない機会となるでしょう。

当商談展への参加をご希望の方は無料招待券のお申込みをお願いいたします。尚、招待券をお持ちでない場合、1人あたり入場料5,000円が必要ですのでご注意ください。

概要

日時:2021年10月27日(水)~29日(金) 10:00~18:00 ※最終日のみ17:00終了

場所:幕張メッセ

主催:RX Japan株式会社(旧:リード エグジビション ジャパン株式会社)

公式ウェブサイト:https://www.bc-expo-at.jp/

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア