EUの欧州投資基金、仮想通貨関連で初の投資事例

EIFの初仮想通貨関連投資

欧州投資基金(EIF)およびその他複数の著名企業が、ロンドン発の仮想通貨VC『Fabric Ventures』の新ファンド『Fund 2021』に出資したことがわかった。

欧州投資基金とは

欧州投資基金(EIF)は、1994年にルクセンブルク市に設置された、主に中小企業(SMEs)に対してリスクキャピタルへの融資や保証に特化した業務を行う金融機関。欧州投資銀行、欧州委員会、および欧州連合(EU)域内の民間金融機関が出資者となっている。

▶️仮想通貨用語集

今回、Fabric Venturesは欧州投資基金だけでなく、Galaxy DigitalやDCGなどの企業、並びにPayPal、Square、Google、PayU、Orchidらの役員、ポルカドット(DOT)の共同創設者Gavin Wood氏を含む42名の個人から計142億円(1.3億ドル)を調達。欧州投資基金による出資は、約33億円(3,000万ドル)で、全体の23%を占める割合だ。

Fabric Venturesは2013年に立ち上げられたブロックチェーン・仮想通貨に特化したベンチャーキャピタルで、ビットコインやイーサリアムだけでなく、Polkadot、MakerDAO、Decentraland、1inch、Axie Infinityなど様々な仮想通貨分野へ初期投資を行なってきた(エクイティや現物)。

欧州投資基金のAlain Godard最高経営責任者は今回の出資について、「Fabric VenturesとのパートナーシップはEUのグローバル競争力を高めるために特に重要だ」、「欧州には様々なブロックチェーン人材がいるが、その多くは金融サポートに困っている。Fabric Venturesは仮想通貨業界に詳しい企業で、今後より多くのブロックチェーン起業家の金融オパチューニティを開放することができると期待している」、とコメントした。

また、Fabric VenturesのMuirhead CEOは「EU発の合成資産やステーブルコインは今後改良されていくと見ている」、「また、イールドやレンディング、『Play to Earn』(ユーザーがゲームをプレーすることで収入を得る)などの経済的要素を取り入れたWeb3.0系のゲームも人気分野になりうる」と、投資テーマについて話した。

なお、投資対象には、プロジェクトのエクイティ及びトークンも含まれるという。

Web 3.0とは

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

関連Web3.0で何が変わる? ブロックチェーン技術が実現させる新しいインターネット

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します