CoinPostで今最も読まれています

時価総額2位のイーサリアム、ロンドンHF後も一転して買われる バーン数は早くも3500ETH超え

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場と金融マーケット

6日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比+2.3%の444万円(40,374ドル)と続伸。再び4万ドル台へと回帰した。

複数のレジスタンスライン(上値抵抗線)が重なり、売り圧力の高まりやすい価格帯であるが、押した際に7月27日の安値36,500ドルを割り込まずに反発しており、再びレンジ上限を窺う展開となっている。

特に44,800ドル付近を推移する200日移動平均線(①)を抜けてくるかどうかは、トレンド転換を判断する上でターニングポイントになり得るだろう。

米最大手取引所のコインベースがApple PayとGoogle Payへの対応を拡充したことも、ビットコインなど仮想通貨市場の追い風となった。米コインベース・グローバルの決算は来週に控えており、こちらも注目される。

関連:米コインベース、Apple PayとGoogle Payへの対応を拡充

ビットコインが前日比+2.3%、イーサリアムが前日比2.5%となったほか、イーサリアム基盤の分散型取引所UniSwapのガバナンストークン「UNI」が、前日比7.59%と上昇した。

Messari

ETHの焼却スピードが想定以上に

イーサリアム(ETH)は、大型アップグレード「ロンドン」の実行された5日21時頃までに材料出尽くし売り(Buy the rumor, Sell the fact)に傾きかけたが、その後一転して買われた。

米コインベースがApple PayとGoogle Payに対応することなどが材料視されたほか、アップグレード初期におけるトランザクション手数料のバーン(焼却)ペースが市場想定を上回ったことで、インパクトと需給面にプラスと見た投資家の買い戻しを誘発した可能性がある。

ultrasound.moneyのデータによれば、ロンドンにおけるEIP-1559の実装14時間で3,500ETH(10.5億円相当)超がバーンされた。

ultrasound.money

「burn leaderboard」を確認すると、NFT(非代替性資産)関連では大手マーケットプレイスのOpenSeaやブロックチェーンゲームのAxie Infinityが牽引し、分散型取引所ではUniSwap V2がリードしている。

逆転現象は起こり得るのか

仮想通貨の全体時価総額を見ると、5月12日に過去最高値2.57兆ドルをピークにして大幅下落。6月22日には1.12兆ドルまで落ち込んだものの、7月22日以降は地合い回復ともに買い戻しが進み、8月6日現在1.63兆ドルまで復活している。

cryptocap:仮想通貨の全体時価総額

今年2月の最高水準かつ、直近数ヶ月のレンジ上限である約1.8兆ドル水準を超えることができれば勢いが付きそうだ。

ビットコインの市場占有率を示すドミナンスは、2021年以降約70%から約40%まで低下している。一方、イーサリアムの市場シェアは10%から20%まで拡大し、時価総額3300億ドルに達した。

Coinmarketcap(CMC)基準だと、ビットコインの時価総額83.3兆円に対しイーサリアムの時価総額は35.7兆円となっており、その差は2.3倍となっている。今後、イーサリアムの時価総額がビットコインの時価総額を上回る「フリップニング議論」が再燃・本格化する可能性もありそうだ。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 木曜日
18:11
トークンブリッジ「Wormhole」 330億円を調達、Web3市場で今年最大規模
ブロックチェーン間互換性技術を手掛けるWormholeが330億円を調達。Web3エコシステムにおける今年最大級の動きとなり、ブレバン・ハワードやJump Tradingなど著名投資家が参加。ハッキング被害からの回復力も示し、新たな製品投入に期待が高まる。
16:03
「DOGE-1」月探査プロジェクト、SpaceXロケットで実現へ一歩前進
暗号資産(仮想通貨)ドージコインで資金調達した「Doge-1」月探査ミッションは、SpaceXロケットでの打ち上げを年明けに予定。プロジェクトを率いるジオメトリック・エナジー・コーポレーションが、規制承認の進捗を明かした。
14:30
Web3ゲーム「Big Time」、Bithumbに新規上場
暗号資産(仮想通貨)取引所BithumbがBIGTIMEとSTMXの新規取扱を発表。BIGTIMEはWeb3ゲームで、先月に米Coinbase(コインベース)に上場を果たした。韓国市場への進出が注目されている。
13:50
米フォーブス誌、24年版「30歳未満の30人」で仮想通貨関連で9名を金融リーダーに選出
米フォーブズ誌が選ぶ「30歳未満の30人」の2024年北米金融部門で、仮想通貨・ブロックチェーンに関連のある専門家9名が受賞することとなった。また、フォーブズは、13年の歴史で選出を後悔している10人を「恥の殿堂」として発表した。
13:20
ドイツ規制当局、ビットコイン・グループに資金洗浄対策を命令
ドイツ連邦金融監督庁は、ビットコイン・グループに対してマネロン対策の不備を是正することを命じた。
10:50
Web3ゲームの4分の3が失敗に=CoinGeckoレポート
仮想通貨データサイトCoinGeckoは、過去5年間でGameFiの4分の3が失敗に終わっているとのレポートを発表した。
10:10
フィリピンSEC、バイナンスの規制違反を指摘
フィリピンSECは、仮想通貨取引所バイナンスは同国で認可を取得せずに有価証券を販売していると国民に注意を促した。現地メディアはSECがバイナンスへのアクセスを遮断するなどと報じている。
08:15
FTX遺産、8.7億ドルの仮想通貨投資信託売却可能に
米デラウェア裁判所は29日、破綻した仮想通貨取引所FTXの債務者側が提出したグレースケールとBitwiseの仮想通貨投資信託の株式に関する売却提案を許可した。
07:45
米3Q実質GDP+5.2% 来年5月までのFRB利下げ観測高まる
米国株は月末で小幅安。第3四半期の米実質国内総生産改定値は前期比で年率5.2%増に速報値の4.9%から上方修正され、21年10─12月期以来の高い伸びとなった。
07:25
C・ロナウド選手、バイナンスとの契約巡り集団訴訟に直面
サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手は、仮想通貨取引所バイナンスのプロモーションに関わったとして、米国で集団訴訟に直面。原告は、同社の有価証券販売に関与したなどと主張している。
06:45
米SoFi、仮想通貨取引サービスを停止へ Blockchain.comへ移行
米オンライン融資仲介サービス大手SoFiは29日、仮想通貨取引サービスの閉鎖および移行計画を発表した。Blockchain.comへの移行が必要となる。
06:05
ブラックロックとInvesco、ビットコインETFの上場申請でSECと再び面談
米SECは現物型ビットコインETFの上場申請について、今週28日に申請側のブラックロック(2度目)・Invescoと会議を行ったことが判明した。ゲンスラー委員長は別のイベントでETF申請についてコメントをした。
05:30
米で13番目のビットコインETF上場申請に、スイスPando
スイスの資産管理会社Pando Assetは米国で、現物型仮想通貨ビットコイン(BTC)ETFの上場申請を行っていることが判明。
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には投資してみたいけど、短期で売…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア