取引所AscendEX、Solanaエコシステムの流動性プロトコルを上場

Port Finance(PORT)を新規上場

暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは8月9日に、Solanaエコシステムのプロジェクト、Port Finance(PORT)を新規上場したことを発表した。

取引は9日より可能となっている。また、取引ペアは米ドルステーブルコインのUSDT/PORTペアが提供される。

Port FinanceはSolanaブロックチェーンのエコシステムに属するプロジェクトで、マネーマーケット(短期金融市場)サービスを提供するプロトコル。

先ずは、一般的なレンディングサービスを提供し、将来的に分散型取引所Serumのオーダーブックを利用した変動、固定金利のレンディングや、金利スワップなどの商品を提供していく計画だ。

特徴としては、Solanaブロックチェーンの低遅延なネットワークを活用した、イーサリアム上では実現が難しいサービスの提供だという。

Solana Blockchain

処理の高速さ、取引コストの低さを特徴とするブロックチェーンプロジェクト。コンセンサスアルゴリズムに独自のProof of History(PoH)を採用。

▶️仮想通貨用語集

具体的には、イーサリアム上のプロジェクトであるCompoundやAaveと比べ、同じ担保でより多くの借り入れが可能になるとする。

また、ネイティブトークンであるPORTは、プロジェクトの方針等を決めるガバナンス投票で使用できるほか、トークン保有者間でプロトコルフィーをシェアするとしている。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します