ビットコイン相場、来週も週央からの不安定な値動きに注意したい bitbank寄稿:仮想通貨週次市況

今週の相場の動きは

今週のビットコイン市場は依然として上値が重い展開が続き、500万円前後を推移している。27日には米経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」がオンライン開催されている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

8/27(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

週間騰落率(CoinPost作成)

月初来騰落率

月間騰落率(CoinPost作成)

年初来騰落率

年初来騰落率(CoinPost作成)

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

8/21〜8/27のBTCチャート

今週のBTCチャート

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

【お詫びと訂正】

前週掲載した市況内容について、CoinPost側のミスで前々週分と同じレポートを掲載する誤りがありました。大変申し訳ございません。正しいレポートは以下になります。

8/14〜8/20レポート:底堅く推移するビットコインだが、様子見ムード想定も

8/21〜8/27レポート:今週のビットコイン(BTC)対円相場は、心理的節目の5万ドルを背に上値の重い展開。相場は27日正午時点で、520万円周辺で推移している。

シカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物取引開始を皮切りに、週明けのBTCは530万円周辺から550万円に肉薄し、対ドルで心理的節目の5万ドルにタッチ(第1図内青線)。しかし、その後は目標達成感から小甘く推移すると、ハッシュレートの急反落が嫌気され530万円周辺まで押し返された。

週央には、米インフラ法案が修正案なしで来月27日までに採決されることが決定し、相場は更に一段安を演じ520万円にタッチ。その後はBTCの採掘難易度が13.24%と大幅に上方調整されたことが好感され、540万円台に一時的に戻すも、26日朝方にBTCとETHの複数大口送金が検知されたことや、ジャクソンホール会議を目前にした警戒感が相場の重石となり、520万円を割り込み、足元510万円台後半で踊り場を形成している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

先週も指摘の通り、ジャクソンホールでは市場にネガティブサプライズとなる材料が出る可能性は低いと見ているが、来週は米国の雇用統計が発表される週となっており、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長のジャクソンホールでの基調講演がハト派な内容だとしても、8月の雇用者数変化が上振れとなれば米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバー内で債券購入プログラムの早期テーパリングを支持する声は更に強固なものとなろう。

ただ、8月は新型コロナウイルスのデルタ変異株感染拡大による影響が経済指標にも現れており、7月と同等のペースで労働市場の回復が確認されるかにも疑問がある。また、一般的には、米労働相が発表する雇用統計の2営業日前に発表されるADP雇用レポートは先行指標の役割を果たすとも言われているが、直近3ヶ月ほどのデータはADPと雇用統計の結果が正反対(一方が市場予想を下回ると、もう一方が市場予想を上回る)となる傾向があり、来週も週央からは不安定な値動きに注意したい。

BTCの対円相場は、ボリンジャーバンドのセンターラインや一目均衡表の転換線といったサポートの密集するエリアで推移しており、ジャクソンホールを無事に通過することができれば安心感から押し目買いが入り5万ドルを再トライする展開を想定しているが、上述の米労働市場動向の不透明さも考慮すれば、同水準の明確な上抜けには少し時間を要するか。

また、アフガン情勢もISISによる自爆テロやそれに対する米国の報復措置など、エスカレーションの兆候も見られ、投資家心理が冷え込む事態が起きる可能性も念頭に入れておきたい。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回レポート:底堅く推移するビットコインだが、様子見ムード想定も

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します