ロシア最大手銀、デジタル資産発行プラットフォームを登録へ=報道

デジタル資産発行プラットフォームを申請中

ロシアの最大手銀行スベルバンクは、9月中旬までにロシアの中央銀行の認可を得て、デジタル資産発行プラットフォームを当局に登録する予定を明かした。地元メディアTASSが報道した。

スベルバンクのAnatoly Popov取締役副会長が記者団に語った内容で、同銀行は、すでに第三者がデジタル金融資産(DFA)を発行するための機能の構築も進めているところだという。

ロシア貯蓄銀行(スベルバンク)とは

ロシアの最大手銀行。1841年にロシア皇帝のニコライ1世によって設立された貯蓄銀行を起源とし、現在、ロシアの人口の70%が同行のサービスを利用しているという。

▶️仮想通貨用語集

顧客がデジタル資産を発行できる機能も

Popov副会長はプラットフォームについて、次のように語った。

私達は、デジタル資産発行のためのプラットフォームを、遅くとも9月前半までには登録したい。今のところ発行が予定されているのは、スベルバンク独自の資産だけだが、第三者がデジタル資産を発行できる機能も作り始めており、今年の後半には顧客が利用できることを見込んでいる。

スベルバンクは以前、法定通貨ルーブルと価値を紐づけるステーブルコイン「Sbercoin」を発行する計画を発表していた。

Popov副会長によると、スベルバンクはロシア中銀との間で、商品や技術的要件のあり方について協議を行っているという。Popov氏は、「プラットフォームの最終チェックの結果に基づいて、ロシア中銀は私達にいくつか提言を行った。私達はそれを受けて申請書を更新し、中銀に提出した」と説明している。

なお、ロシア中銀はビットコイン(BTC)など民間の暗号資産(仮想通貨)については消極的な見方を続けており、7月には、国内の証券取引所に対して、仮想通貨関連の企業を上場しないよう勧告している。ただ、ロシアの法律に基づいて発行されたデジタル資産に関しては、こうした制限に当てはまらないとも留保した。

ロシア中銀に正式に申請するプロセスを踏んでいるスベルバンクのデジタル資産も、制限の対象外になる可能性がある。

関連露裁判所、仮想通貨取引を行っていた顧客の銀行口座凍結を不適切と判断

仮想通貨の追跡ツールを導入

ロシアでは、2020年7月に、仮想通貨取引を合法化する「デジタル金融資産関連法(On Digital Financial Assets:DFA)」が可決した。ビットコインなどの仮想通貨を商品などの支払いに使うことは禁じられるが、売買を行うことは合法と認められている。

ロシア当局は最近、仮想通貨取引を監視する体制の強化も始めた。同連邦金融監督局(Rosfinmonitoring)は、仮想通貨取引を監視するツールを提供する事業者を募集し、RCO社と契約を結んだ。

金融監督局は、監視ツールの条件として「デジタル資産の流れを追跡すること」、「犯罪活動やテロ資金調達に関するウォレットのデータベースを作成すること」、「仮想通貨市場参加者の行動を監視すること」などを挙げていた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します