欧州大手受託信託銀行、仮想通貨カストディを計画か=報道

大手カストディ銀行CACEISも参入か

欧州の大手受託信託銀行CACEISは暗号資産(仮想通貨)カストディサービスの提供を計画しているようだ。CoinDeskが情報筋の内容として報じた。

CACEISはフランスの大手金融機関Crédit Agricoleとスペインの大手銀行Banco Santanderが所有する企業で、資産の保管や運用を主な業務としており、その総資産は830兆円に相当する。

情報筋の内容によると、CACEISはスイスの仮想通貨カストディ企業Metacoと連携している。また、1人の情報筋は「CACEISは単なるカストディだけでなく、より総合的なサービスも検討している」と話したという。

Metacoはこれまで、仮想通貨のカストディを提供する英大手スタンダード・チャータード銀行やスペインの大手銀BBVAなどの金融機関にもカストディソリューションを提供している。

著者:菊谷ルイス
参考:CoinDesk

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します