米シティグループ、仮想通貨のデータ関連企業に出資

シティグループがAmberdataに出資

暗号資産(仮想通貨)関連のデータを扱うスタートアップAmberdataは14日、金融大手シティグループが主導する1,500万ドル(約16億円)のシリーズA資金調達ラウンドを実施したことを発表した。

プレスリリースによると、この資金調達ラウンドには、大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital、グローバル投資企業Franklin Templeton、資産運用会社GoldenTree Asset Managementの幹部や、ベンチャーキャピタルHWVPも参加したという。

Amberdataは、今回の資金を研究開発スタッフの増員、および米国や海外で市場を開拓するために使用すると述べている。

シリーズA資金調達ラウンドとは

一般的に、スタートアップ企業が事業の初期段階でベンチャーキャピタルなどから出資を受ける投資ラウンドのこと。事業が利益を見込める状態に成長した時点で行われることが多く、まだビジネスがアイデア段階である時のシードラウンドに続く資金調達として位置づけられる。

▶️仮想通貨用語集

Amberdataは2017年に設立され、ブロックチェーンネットワーク、仮想通貨市場、DeFi(分散型金融)に関するデータとその分析を提供している企業だ。毎日800万件以上の取引を分析し、金融機関をリサーチ、取引、法的遵守など様々な面でサポートしている。

特に、仮想通貨に参入する機関投資家のユーザーは、リアルタイムデータや過去データ、分析情報を統合して、参考基準レートや指数なども閲覧できるという。

シティグループの米国市場戦略投資部門責任者であるSiris Singh氏は、Amberdataへの投資について次のように述べた。

データと、それに対するインサイト(洞察)は、デジタル資産の透明性を高め、リスク管理の枠組みを強化する上で、今後も重要な役割を果たすだろう。シリーズAを主導し、Amberdataチームのさらなる成長をサポートすることができるのを嬉しく思う。

仮想通貨セクターに関心高める銀行業界

AmberdataのShawn Douglass CEOは、次のように話した。

ブロックチェーン技術は、まったく新しい金融商品を作り出し、はるかに低いコストでグローバル市場にリリースすることを可能にする。当社は、機関投資家の間で仮想通貨に関心と需要が高まっているのを目の当たりにしている。

Amberdataの資金調達は、仮想通貨分野のデータ企業が大手金融機関から資金を獲得した最新の事例となった。シティグループが投資ラウンドをリードしたことは、銀行業界も仮想通貨セクターに関心を持っていることを改めて示している。

5月には、米メガバンクのゴールドマン・サックスが仮想通貨デ-タ企業Coin Metricsの1,500万ドルの資金調達ラウンドを主導した事例もあった。その際、ゴールドマン・サックスのデジタル資産部門責任者Mathew McDermott氏は「伝統的な金融サービス業者や機関投資家が仮想通貨セクターに広く参入するためには、データが不可欠だ」と述べている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します