CoinPostで今最も読まれています

ゴールドマンサックスCEOが2018年末に退任か|BTC取引デスクは需要増加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゴールドマンサックスCEOのBlankfein氏が退任か
5月18日、The New York Times にて、ゴールドマンサックスのCEO「Lloyd Blankfein」氏が、2018年末に退任するのではないかという記事が掲載されました。従業員の多くは仮想通貨に半信半疑の状態ですが、一部顧客の仮想通貨をコモディティ(商品先物)としての保有意欲も強いことから、ウォール街を先導する「今後の方針」に注目が集まっています。
ボラティリティとは
価格変動性のこと。相場のボラが大きければ大きいほど、安定性が低い(ハイリスク・ハイリターン)と言えることから、巨大な資本力を持つ「機関投資家」にとっての参入障壁となる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ゴールドマンサックスCEOと仮想通貨

5月18日、The New York Times にて、ゴールドマンサックスのCEOを務めるLloyd Blankfein氏が、2018年末を目処に同社を離れるのではないか、という記事が掲載されました。

63歳のBlankfein氏は、ウォール街の中で最もベテランの1人で、アメリカで最も影響力のあるとされる投資銀行を12年間に渡り、牽引してきた人物です。

彼は、2018年12月の定年したパートナー向けの年次会食にて、同社を去るのではないかとされています。

ゴールドマンサックスは、5月上旬にビットコインの取引デスクおよび、先物取引を開始することが決定されており、ビットコインへの取り組みが始まっています。

ゴールドマンサックスのビットコイン先物は機関投資家を呼び込めるのか
BitMEXなどがデリバティブ取引で収益を伸ばしている中で、ゴールドマンサックスはビットコインの先物取引を開始することを決定しました。これにより、仮想通貨への信頼が高まることが期待されます。

BlankfeinCEOは、昨年11月末のビットコインが10,000ドル(約110万円)に達した段階では、「同仮想通貨が詐欺の手段になっている」と述べ、同社がビットコインに対する計画を持っていないと主張していました。

そのボラティリティの高さから、仮想通貨が”価値の保存方法”として不適切であり、その変動が1日に20%以内に収まることが、計画を立てる上での最低条件であると言及しました。

同氏は、Bloomberg Television に対し、「1日に20%以上もの激しい値動きがあるものは、通貨としても、価値の保存方法としても適していない。」と述べ、以下のように語りました。

「仮想通貨が今後発展することで、”価値の保存”として取引されるようになり、1日に20%以上も乱高下するようなことがなくなり、かつ十分な流動性が確保されるようになれば、取り組みを検討するだろう。」

しかし彼は、ビットコインに対する”不快感”を抱く一方で、携帯電話を最初に目にした時と同様の感情も抱いていると述べています。

「ビットコインに対して、不快感を抱いているのは事実だが、私はたいていの新しいものには不快感を抱いてしまう。

しかし長年の経験から、例え私が好んでいないものでも、非常に良く機能するものはたくさんある。」

彼は、仮想通貨に関する将来的な可能性については、認めていたのかも知れません。

ゴールドマンサックスの今後

The New York Timesによると、次のCEOの候補者に現社長の「David M. Solomon」氏の名前が挙がっています。

Blankfein氏がゴールドマンサックスを離れた後、同社が仮想通貨に対して、どのような方針をとっていくのかは、現時点では不明ではありますが、従業員の間では、懐疑的な声も根強いとされています。

ゴールドマンサックスのビットコイン・トレード部門に従事するRana Yared氏は、「私自身、ビットコインが世界を変革するとは、にわかには信じ難い。」と述べ、「実際、弊社で仮想通貨取引に取り組む多くの従業員は、疑問も抱いている」と続けました。

さらに、次のように語りました。

「ビットコインは詐欺でも無い代わりに、通貨としての特性もない。

しかし、一部顧客が、その複雑な”マイニング”システムを有し、上限数のあるビットコインが金と類似しているとして、価値あるコモディティ(商品先物)として、保有したいと考えている。」

このように、従業員が疑問視する一方、顧客からの需要の増加は無視できないものとなっていることからも、今後どのような方針が取られて行くのか注目されています。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア