米コインベース、2銘柄の仮想通貨新規上場

9月3回目の銘柄新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProは16日に、2銘柄の新規上場を発表した。今月3回目の新規上場イベントとなる。

新たに取り扱う対象は、Braintrust(BTRST)とHorizen(ZEN)。BTRSTのほうはすでに取引が開始しており、ZENは9日(9:00PT時間)以降取引が始まる予定だ。

取引ペアは、BTRST-USD、BTRST-USDT、BTRST-EUR、BTRST-GBP、BTRST-BTC;ZEN-USD、ZEN-BTC、ZEN-USDTとして提供される。

Braintrust(BTRST)はイーサリアム基盤のトークンで、分散型タレントネットワークのガバナンストークンだ。

そして、Horizen(ZEN)はプライバシー重視のdAppsにおけるブロックチェーンエコシステムで、ZENはネットワークのネイティブアセットとして使われている。

デリバティブ提供に向けて申請

また、米コインベースは16日、デリバティブ取引を提供するために、全米先物協会(NFA)に、「商品取引員」として登録する申請を提出したことを明かした。

全米先物協会は米国の先物業界における自主規制機関で、CFTC(商品先物取引委員会)の指定で先物業者の登録業務を行う組織となっている。

コインベースはSNSの発表で、「今回の申請は、今後先物とデリバティブ取引のオファーリングにおけるステップだ」と説明した。昨年11月、CFTCのガイダンスに沿って証拠金取引の提供を停止したが、上場企業となって再びデリバティブの提供を試みる格好だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します