次世代金融アプリのRevolut、WeWorkの代金をビットコインで支払い

ビットコインでWeWorkに支払い

コワーキングスペースを提供する米大手企業WeWork(ウィーワーク) は16日、デジタルバンキングアプリRevolut(レボリュート)が会員として初めて暗号資産(仮想通貨)で新規スペースを契約したことを発表した。

レボリュートは、米国でウィーワークが提供する中で最大のダラスのオフィススペースの利用料として、ビットコイン(BTC)を支払った。従業員300人が働くスペースとして使用するという。

レボリュートは2015年に英国で開発された次世代フィンテックアプリで、企業価値は330億ドル(約3.6兆円)とみなされている。

レボリュート(Revolut)とは

英国発の次世代金融アプリ。複数の法定通貨への両替を安価・スピーディに提供する。ビットコインやイーサリアムをはじめとする仮想通貨や、DeFi銘柄の取引をアプリ内で行う機能も提供している。

▶️仮想通貨用語集

ビットコインを支払いに使用した理由

レボリュートの広報担当者は、契約料をビットコインで支払う理由について次のように説明した。

私たちは、仮想通貨が今後、決済において実用的に使用されるようになることを強く信じている。仮想通貨による決済の利点は、多額の国際送金手数料を請求する中間業者を介すことなく、ほぼ即時に支払いができることだ。

レボリュートは現在、ユーザーに仮想通貨を商品やサービスの支払いに充てる機能を提供していないが、今後前向きに取り組んでいく可能性も示した。広報担当者は「決済面で仮想通貨を日常的に使う未来に向けて取り組んでいる」とも話している。

レボリュートは、2017年からアプリ内で仮想通貨の取引を提供している。5月には英国の有料会員限定で、ビットコイン現物をアプリから個人のウォレットに出金するサービスも開始。また、ドージコイン(DOGE)など新たに取引できる銘柄を拡充中だ。

今回の支払いについて

広報担当者は、レボリュートがウィーワークへの支払いを実行した方法についても説明した。

レボリュートは、ダラスのワーキングスペース賃貸料のドル換算額に相当する、相互に合意した金額に相当するビットコインをウィーワークに送金した。企業から請求された料金を仮想通貨で支払うのは、初めてのことだったという。

そして広報担当者は次のように述べている。

同社は仮想通貨についての専門知識を持っており、1日に数百万ドル相当の仮想通貨を取引するトレーディングデスクも備えているので、提携する取引所を通じて、必要な量の仮想通貨を良いレートで容易に購入することができた。

レボリュートはどの仮想通貨取引所と協力したのかは明らかにしていない。一方、ウィーワークは4月に仮想通貨による決済受け付け開始を発表しており、その際にはコインベースとBitPayと提携したと報告している。

関連米大手コワーキングスペースWeWork、仮想通貨決済に対応

WeWorkと提携する背景

公式発表によると、レボリュートは柔軟性のある働き方を採用しており、2,000人以上の従業員の大半が、自宅と職場のどちらで仕事をするか、その頻度や時期を選択できるようになっている。

この計画の一環として、ウィーワークと契約してベルリン、ダラス、ダブリン、メルボルン、モスクワ、シンガポール、ニューヨークにコラボレーションスペースを重視したオフィスを構えているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します