チャート上では上昇トレンドへの転換が示唆、ビットコイン最高値700万円も視野に 仮想通貨・週次市況(bitbank寄稿)

今週(2日〜8日)の仮想通貨相場

今週のビットコイン市場は大変に堅調だった。5ヶ月ぶりの水準となる600万円台を記録、著名投資家ジョージ・ソロス氏が運用するファンドでビットコイン保有が明らかになるなど、機関投資家の流入を示唆する動きも観測されている。


目次
  1. bitbank寄稿

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

2日〜8日レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、週明けから上値を追う展開を繰り広げ、8日正午時点ではおよそ5ヶ月ぶりに節目の600万円を回復している。

バイデン米大統領が米国のデフォルト懸念を示す中、週明け米時間に起きたFacebook系列のアプリ障害によりブロックチェーン技術が脚光を浴びたこともあり、BTCは540万円に乗せると、Coinsharesの機関投資家マネーが暗号資産(仮想通貨)市場に流入しているとの旨のレポートや、アルトコインの上昇、さらにはムーディーズが米国のデフォルト回避の見通しを示したことで、相場は560万円台に乗せた。

これにより相場は5万ドル水準と、4月高値(史上最高値)と9月高値を起点とする長期下降トレンドライン(第2図内青線)の上抜けにも成功。その後は5.2万ドル水準で上値を抑えられるも、予てから仮想通貨保有が噂されていたソロス・ファンド・マネジメントが小額ながらも仮想通貨保有を認めたことや、鯨による買いが入り、相場は620万円周辺まで上値を追う展開となった。

一方、週後半からの相場は、5.5万ドル台中盤で上昇一服となると、アルトターン気味にジリ安に転じた。8日夜に米雇用統計の発表を控えていることもあり、様子見ムードが広がる中、7日にはJPモルガンが機関投資家はインフレヘッジ資産として金よりBTCに注目しているとノートで明かしたことや、米上院与野党が年末までの債務上限引き上げで合意したこともあり、600万円周辺で底堅い推移となっている。

先週からの上昇により、BTCは短期下降チャネル上限(第2図内橙線)と長期下降トレンドラインの上抜けに成功し、チャート上では上昇トレンドへの転換が示唆された。次の上値目途としては、対ドル2月高値や節目の密集する5.8万ドル(≒650万円)や、史上最高値の700万円周辺が挙げられる。

【第2図:BTC対円チャート(日足)(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

また、今週はBTCが5万ドルに乗せるタイミングで米国の期待インフレ率を示すブレイクイーブンインフレ率(BEI)が2.46%まで上昇しており、およそ4ヶ月続いたレンジを上方ブレイクしている(第3図)。足元では、サプライチェーンの逼迫、エネルギー価格の高騰、労働力不足、さらにはコロナ禍からの出戻り需要が物価上昇に圧力を掛けている懸念があり、こうしたこともBTC相場を支える一因となっているか。

こうした中で迎える9月の雇用統計だが、水曜日のADP雇用レポートの結果と市場の反応からして、市場が予想するほどの50万人前後の労働者数増加ではあまりインパクトは大きくないと指摘され、シジオウの予想通りとなればBTCには上値を試す余地はまだあるだろうと見ている。

採掘難易度の6週連続上昇、機関投資家の関心度改善、さらに目先の米債務上限問題解消など、BTC相場を支える材料は十分にあるか。

【第3図:米10年物ブレークイーブンインフレ率(左目盛:青)、BTC対円(右目盛:橙)チャート(日次)】

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:下降トレンド続いたビットコイン、センチメント転換の分岐点に突入か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します