BlockFi、ビットコイン先物ETFを申請 

再びビットコイン先物ETFの申請

米大手暗号資産(仮想通貨)貸借サービスBlockFiがビットコイン先物ETFの申請を行っていることがわかった。

このETFは『BlockFi Bitcoin Strategy ETF』といい、米CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が提供するビットコイン(BTC)先物で運用するものだ。『米国1940年投資会社法』という法律のもとで登録するとしている。

また、このETFはアクティブ・ファンドとして運用されるという。

アクティブ・ファンド

アクティブ・ファンドとは、ファンドマネジャーなどの運用会社が独自の見通しや投資判断に基づいて、ベンチマーク以上の収益を目指すファンドだ。その逆がパッシブ・ファンド。(三井住友DSアセットマネジメント 参考)

▶️仮想通貨用語集

ビットコイン先物ETFの勝算

現在、米SEC(証券取引委員会)はビットコイン現物のETFと、先物のETFという2種類のものを審査している。

ビットコイン現物ETFを最初に申請したVanEckでは可否判断を11月14日に延期されており、最終期限となるため、現在申請中の10以上の現物ETFも最終期限までに延期され続けると予測されている。

関連米SEC、4つのビットコインETF判断を延期

一方、SECのゲンスラー委員長が8月に、現物運用のETFはリスクが高いと指摘した一方、「CMEで取引されているビットコイン先物に限定したETFであれば、職員による申請の審査を期待している」と発言して以来、VanEckやValkyrieを含むビットコイン現物ETFの申請を行っている資産管理会社はビットコイン先物ETFの申請にも乗り出してきている。

ゲンスラー委員長は9月29日のイベントでも、投資信託やETFは証券法や米国1940年投資会社法の管轄下にあり、投資家保護が一定の保証がされていることから、「SECのスタッフがこのようなETFの審査を行うことを楽しみにしている」と評している。

上述BlockFiのETFもまた、米国1940年投資会社法に準拠するとしていることから、この法律に準じた先物ETFが承認される可能性は現物ETFより高いと、ブルームバーグのETFシニアアナリストEric Balchunas氏は見ている。

最初に、SECによる最初の判断を受けるのは、ProSharesのビットコインの先物ETFで、「10月18日」前後に発表される予定だと試算されている。

以下がそれぞれのビットコイン先物ETFの最初判断の予定日となる。

  • ProShares:10/18
  • Invesco:10/19
  • Valkyrie:10/25
  • VanEck:10/25
  • Galaxy:11/1
  • Advisorshares:11/3
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します