米SEC、4つのビットコインETF判断を延期

45日間の延期

米SEC(証券取引委員会)は29日、申請中の4つの暗号資産(仮想通貨)ビットコインの上場投資信託(ETF)に対して、可否判断を45日間延期することを発表した。

対象となるビットコイン(BTC)ETFは、Global X Digital Assets、Valkyrie、WisdomTree、Kryptoinの4社が申請しているもので、それぞれで、11月21日、12月8日、12月11日、12月24日へと延期されている。

また、SECはそれぞれの文書で、充分な審査時間が必要だと説明している。

SECが審査期間(最大240日)を最大限に利用することは珍しくなく、以前にもVanEck、WisdomTree、SkyBridge、Kryptoinの4つのETFに対して延期を実施した。

現在、VanEckの最終判断の期限が最も近く、11月14日までには審査の結果が判明することになる。

一方、SECはこれまで一度も現物ビットコインのETFを承認した例はないが、ゲンスラー委員長がビットコイン先物で運用されるETFを評価するような発言をしたため、VanEckなどの企業もその種のETFを現在申請している。

関連米SECゲンスラー委員長、ビットコイン先物運用のETFに好感

ETFとは

「Exchange Traded Fund (上場投資信託)」の略。投資信託の中でもETFは証券取引所に上場しているため、株式と同様に売買ができる。ビットコインやイーサリアムのETFがローンチされている国もあるが、米国では申請が承認された事例はない。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します