ゲーム特化VCのBitkraft、84億円規模のNFTゲームファンドを立ち上げ

Yield Guild Gamesなどに投資

ゲーム市場に特化したベンチャーキャピタルのBitkraftは、ブロックチェーンゲームへの投資を行う7,500万ドル(約84億1000万円)規模のファンドを立ち上げた。

ファンドはプレシードからレイター段階まで幅広いステージを対象とし、仮想通貨やNFTなどのトークン、またはエクイティに投資を行うとしている。

Bitkraftはデジタルアセット市場の分析企業であるDelphiDigitalとのパートナーシップを締結、DelphiのパートナーであるPiers Kicks氏がBitkraftに加わっている。

既にファンドはPiers Kicks氏のもと、ブロックチェーンゲームや関連する6つのプロジェクトに投資を行っており、ImmutableやYield Guild Games、Horizon Blockchain Games、Alethea AIなどを含めている。

ImmutableはTikTokのNFTに採用され話題になったスケーリングソリューション、Immutable Xを開発。また、Yield Guild GamesはAxie InfinityなどのNFTゲームへの投資や、その運用を行うDAOプロジェクト。

関連:TikTok、NFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

関連:「Yield Guild Games」 大手VCのa16z主導で5億円を資金調達

ファンドは、2022年末までにはさらに25の企業に投資を行う計画だという。

BITKRAFT Esports Venturesとは

また、BITKRAFT Esports Venturesは、ドイツを拠点とし米国に進出、eスポーツやその周辺技術を開発する企業等に投資を行ってきた。

2017年に4,000万ドル(45億円)の1号ファンド、そして2020年には新たに1億6,500万ドル(約185億円)の2号ファンドを立ち上げている。

ゼネラル創設パートナーのJens Hilgers氏は、起業家であり強豪プロeスポーツチーム、G2 Esportsの共同創設者としても知られる。

Hilgers氏は、ファンドについて次のように述べた。

クリプトとブロックチェーン技術はゲームやデジタルエンターテイメントの領域に深く影響を与え、変革をもたらすものだ。

私たちはアセットとしてのトークンへの投資なども含め、ゲームとブロックチェーンの交差路に早い段階で投資を行うため、米国を拠点としたBitkraftトークン1号ファンドを立ち上げた。

現在、ファンドはイーサリアムブロックチェーン上のプロジェクトを中心に投資を行っているが、コインテレグラフにPiers Kicks氏が答えたところによると、活発な動きを見せているソラナ(SOL)のエコシステムにも注視していくという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します