「全世界に仮想通貨を配布」Worldcoin、a16zなどから約28億円調達

眼球をスキャンし仮想通貨をもらう

暗号資産(仮想通貨)プロジェクトを手掛けるWorldcoinは22日、Andreessen Horowitz(a16z)、Coinbase Venturesなどの企業や取引所FTXのCEO Sam Bankman-Friedなどのエンジェル投資家から2,500万ドル(約28億円)を調達したと発表した。同社の評価額は現在10億ドル(約1,100億円)に及ぶ。

Worldcoinは、世界中の人々に仮想通貨を配布するプロジェクト。バレーボールほどの大きさの球体である「オーブ」を目の網膜にスキャンすることで、仮想通貨をもらうことができる。すでに世界で13万人以上が目のスキャンをして仮想通貨を受け取っている。

80億枚を全世界のユーザーに配布する計画

Worldcoinは、オーブを世界中の初期ユーザーに約30個配布。同社がこれまでにオーブを配布した国は欧州、アフリカ、南米、アジアで12カ国に上る。オーブを受け取った人は様々な場所にそれを持ち込んで、他の人を勧誘することで報酬を得ることができるという。

オーブでユーザーの眼球を撮影すると、画像に基づいて固有のコードが生成される。撮影に応じた人はそのコードで仮想通貨を無償で受け取れる仕組みだ。

プロジェクトの開発者は、これから数カ月で数百個のオーブを配布し、将来的には毎月4,000個を配布する計画だと述べた。2022年に仮想通貨のネットワークの運用を開始し、それに伴い仮想通貨の無償配布を本格化させるという。Worldcoinは、イーサリアムチェーンのレイヤー2(セカンドレイヤー)ソリューションとして構築されている。

同社は合計100億枚の仮想通貨を発行する計画で、うち80億枚は全世界のユーザーに、残りの20億枚は間もなく設立されるWorldcoin財団と投資家のために確保されるという。

プライバシーは

一部では、プライバシーに関する懸念が表明されているが、同社の共同設立者であるAlex Blania氏によると、オーブはプライバシーを保護するように設計されているという。ユーザーの網膜の写真はどこにも保存されず、ゼロ知識証明を用いてユーザーの情報を非公開で安全に保つことができるとのこと。

また、Blania氏は、同社がドイツに工場を持つ「大規模な国際的メーカー」と提携していると明かす。社名や出身国は明かしていないが、セキュリティの観点でそれが中国ではないと明言している。

理由は色々あるが、その1つはセキュリティです。オーブ自体が秘密鍵を持っていて、メッセージを送るたびに署名しているので、実際に本物のオーブであることがわかる。

つまり、このサプライチェーン全体を完全にロックして、危険が及ばないようにする必要がある。

ベーシックインカムに通底

同社によると、Worldcoinプロジェクトは、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)を暗号化したものであるという。

米著名ベンチャーキャピタルY Combinatorの元CEO、Sam Altman氏も同プロジェクトの共同設立者に名を連ねているが、同氏は以前より、ユニバーサル・ベーシックインカム(政府が国民に最低限の生活を送るために必要な額の資金を定期的に支給する政策)への支持を表明していたことで知られている。

同氏は2019年後半にWorldcoinの構想を打ち立てたと述べており、その意図は、当時流行していた経済理論であるベーシックインカムに触発されて、仮想通貨を広く公平に広めることであったという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します