米コインベース、日本円ステーブルコイン「GYEN」新規取扱い

初の日本円ステーブルコイン取扱

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProは10日、銘柄の新規上場を発表した。

新たに取り扱う対象は、日本円ステーブルコイン「GYEN」。取引は10日9時(PT時間)以降始まるという。

また、取引ペアは、GYEN-USD、GYEN-USDT、GYEN-EURとして提供される。

GYENは、国内で仮想通貨交換業を展開するGMOインターネット株式会社の連結会社GMO-Z.com Trust Company,Inc.(GMO Trust)が発行する、世界初となる米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可済みの日本円連動型のステーブルコインだ。

ステーブルコインとは

ビットコイン(BTC)などの一般的な銘柄と違って、価値が常に安定している(=stable)仮想通貨を指す。米ドルと1:1の価値になるように運用されるものなど、複数の種類のステーブルコインがある。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します