コスモス基盤のAgoric、メインネットローンチと36億円調達

コスモス基盤のスマコンプラットフォーム

暗号資産(仮想通貨)コスモス(ATOM)基盤のスマートコントラクトプラットフォームAgoricはプライベートトークン販売で36億円を調達したことがわかった。

Agoricは2018年に、JavaScript開発者がdAppsを開発することを支援するために設立されたプラットフォーム。コスモスソフトウェア開発キット(SDK)とTendermintのPoSコンセンサスメカニズムを利用。Agoricが提供するスマートコントラクトはJavaScriptの言語で構築されている。

関連初心者でもわかるコスモス(ATOM)とは|注目点と将来性を解説

また、メインネットローンチが1日に終わり、次の段階では、AMM(自動マーケットメーカー)、および独自の米ドルステーブルコインRUNをローンチする予定だという。

資金調達はネイティブトークンBuild(BLD)のプライベート販売で実施されたもので、Placeholder、NGC Ventures、Spartan Group、Compound VCといった投資家が参加。今後はAgoricの初期開発者にBLDを報酬として付与する予定だ。

今回の販売を加え、Agoricはこれまで計43億円を調達していた。Dean Tribble CEOは近い将来再調達する計画はないと説明した。

関連AMM(自動マーケットメーカー)が価格に与える影響とは|Deribitアナリスト分析

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します