米コインベース、仮想通貨銘柄の新規取扱を発表

今週2回目の新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProは18日、銘柄の新規上場を発表した。

新たに取り扱う対象は、Voyager Token(VGX)。取引は18日9時(PT時間)以降始まるという。

また、取引ペアは、VGX-USD、VGX-USDT、VGX-EURとして提供される。

Voyager Tokenはイーサリアム基盤のトークンで、米仮想通貨取引所Voyagerでインセンティブとして利用されている。保有者には、ステーキング報酬やキャッシュバックなどの特典がある。

コインベースProは16日にも新規上場を実施し、Alchemix(ALCX)、Ethereum Name Service(ENS)、Gala(GALA)、mStable USD(MUSD)、Power Ledger(POWR)の5銘柄を新たに取り扱うようになった。

関連米コインベース、仮想通貨5銘柄を新規上場

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します