CoinPostで今最も読まれています

創業2周年のPhemex(フェメックス)CEOが語る、仮想通貨業界の今

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CEOインタビュー

暗号資産(仮想通貨)取引所Phemex(フェメックス)は設立から2周年を迎えた。今回同取引所の共同設立者でもあるJack Tao CEOに過去2年間で業界がどのように変化してきたか、そしてフェメックスがどのように変化を遂げてきたかを語ってもらった。

過去2年間の業界の変化をどう捉える

過去数年間の動向は間違いなくポジティブなもので、今後のさらなる盛況を示唆していると思います。機関投資家からの関心の増加や導入事例は間違いなく業界の成熟の表れです。

また、数えきれない改善を経て、DeFi(分散型金融)基盤も引き続き改良しており、既存金融と遜色のないプロダクトやサービスの台頭につながっています。

さらに、NFT(非代替性トークン)やゲームファイ(GameFi)、プレイトゥーアーン(Play-to-Earn)、メタバースなどの新たな領域では急速的な成長が見られています。これらのコンセプトは我々の遊び方、働き方、強いては生き方さえも再定義していると言えるでしょう。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

注目するカテゴリーとは

我々はメタバースに強い関心を持っています。

人々が自分の資産を完全に所有し、より良い経済的機会を得つつ、全体的に公平なシステムを享受しながら、新たなスタートを切ることができるデジタルな世界というアイデアは弊社のコアバリューと共鳴しています。今後もこの領域への投資や開発を通して経済的自由をエンパワーするデジタル革命の到来に貢献していきたいと思います。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

ユーザー数や関心度の変化は?

弊社のプラットフォームのアクティブユーザーは継続して増加しています。一つの理由は仮想通貨への関心と知識が自然と増えた結果であると言えるでしょう。

しかし、弊社が継続してユーザーが経済的自由を得る過程をサポートすべく、新たなサービスやプロダクトを提供し続けている点が最大の要因だと思います。例えば、「Earn Crypto」預金口座では、仮想通貨を保管するだけで高いイールドを得ることができます。

機関投資家からの需要

対照的に、機関投資家の参入においてはまだまだ初期段階にあると考えています。事実、非常に有名な金融機関が我々の業界に関心を示している一方で、全面的な導入が実現する為にはより良い規制が必須だと思います。

詐欺プロジェクトから投資家を保護しながら、イノベーションを妨げるような過度な規制を避ける良いバランスが必要です。

いずれにせよ、フェメックスでは個人投資家と機関投資家トレーダーの権利の為に信頼のあるリーダーとして立ち上がることにコミットしています。

グローバル規制について

先程申し上げた通り、我々は規制が根本的には仮想通貨業界にとって悪いものではなく、むしろ全面的な採択を実現する為には必要不可欠だと捉えています。しかし、イノベーションと自由を阻まない規制の整備が課題となっています。

これに加え、各国政府も異なるモチベーションの下、それぞれ独特のアプローチを取っている為、世界中で断片化された仮想通貨政策が進んでいます。恐らく最適解は国連(UN)のようなグローバル機関が共通の政策を作ることだと思います。

しかし、最も重要なことは法律の策定を左右する政策立案者らが無知な意見に左右されるのではなく、ブロックチェーン技術に精通している事です。

Phemexは過去2年間でどう変化

当初は3つのデリバティブ取引ペアで開始しましたが、現在は39の契約ペアと40の現物取引ペアを提供しています。また、150万人のユーザーを対象に、デリバティブ領域ではTOP10の取引所に早々と上り詰めました(CoinMarketCap参照)。

弊社の理想は自由なメタバースの理念と一致しています。我々は全てのユーザーが既存のシステムに縛られることなく、経済的機会に満ちたより良い世界へと突破できるよう、全力でサポートしていきます。

また、今後数ヶ月間から数年にかけて、この目的を支援する為に、より多くのツールやサービスを開発します。弊社の最大の目標はユーザーの目標達成を支援することなのです。

投資初心者が気をつけるべき事

全ての新規投資家がまず尽力すべき事は教育(学習)だと思います。マーケットは非常に複雑で多数の異なる概念やデータを理解する必要があります。幸い、弊社はこの分野でサポートできます。

我々は100%無料で仮想通貨やブロックチェーン、トレードなど様々なトピックに関する500以上の記事を提供するアカデミーを提供しています。また、基本的なコンセプトを紹介する短い動画を試聴するラーンアンドアーンプログラムもあります。

Phemexとは

フェメックスは2019年に設立され、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所。

開設当初から「個人のエンパワーメント」を企業理念として掲げており、世界のおよそ200ヵ国にいる200万人以上のユーザーに仮想通貨取引サービスを提供してきた。

共同設立者の一人であるJack Tao氏はモルガン・スタンレーで11年間勤めた経歴を持ち、伝統金融業界の限界を実感。限られた少数派に有利に働く銀行エコシステムと違い、全ての人に平等な機会を提供する仮想通貨という新たな金融パラダイムに共感したという。

第4回トレード大会も開催へ

また、Phemexは創業2周年を記念してトレード成績を競う第4回目となるトレード大会 「Phemex Trader’s Arena」の開催を発表。

コンペ期間中は、10名のトレーダーで構成されるチーム全体のROI(投資利益率)によって順位が決定される。賞金総額はトレード大会への参加者数によって決まる仕組みで、最大750,000ドル分のビットコイン(BTC)が配布されるチャンスがある。

詳細情報は以下の通り。

  • 登録期間:11月25日17時〜12月9日17時
  • 開催期間:12月9日17時〜24日17時
  • 賞金配布期間:12月24日〜1月7日
  • 詳細:公式発表
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧