取引所AscendEX、NFT向けの金融サービス提供するVera(VERA)を上場へ

NFT向け金融のVERAを上場へ

暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Veraトークン(VERA)の上場を発表した。取引ペアはVERA/USDTで、日本時間で12月1日の23時より取引が開始される。

Veraは、NFT向けの金融サービスを提供する分散型プロトコル。NFTの貸借やモーゲージなどのサービスを、主要ブロックチェーン上で展開するという。

モーゲージとは、一般に抵当権の設定された住宅ローンなどを指す。NFTをローンで手に入れることができ、現在のテストネットで体験できるNFTの貸借に加え、今後サービスの提供が予定されている。

ユーザーは、NFTの貸借の条件を定めた上で、マーケットプレイスにNFTを出品することができる。現在のテストネットでは、ユーザーは借りる際に担保を提供する必要がある。

今後、2021年のQ4の終わりまでに担保なしでのNFTレンタルを実装する予定だ。

VERAトークンは、Veraネットワークのユーティリティトークンであり、プラットフォームでの借り入れ上限を上げる担保などとして利用される。

また、トークンはイーサリアムのERC-20、バイナンス・スマート・チェーンのBEP-20、そしてポリゴンに対応しており、AscendEXはERC-20およびBEP-20の両方に対応する。トークンは今後、Veraのガバナンス等にも使われる予定だ。

ERC20とは

ERC20は、「Ethereum Request for Comments(Token Standard #20)」の略。イーサリアムチェーン上で発行されるトークンの規格の一つ。イーサリアムエコシステムの多くのトークンで採用されている。

▶️仮想通貨用語集

その他、トークン経済としては、マーケットプレイスにて収集された手数料を利用して、VERAトークンをバーンする仕組みを導入。これによってトークンの供給量の逓減が見込まれるとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します