仮想通貨取引所FTX、新たな資金調達ラウンド検討か=報道

FTX、新たな資金調達ラウンドを検討

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが資金調達を検討していることがわかった。関係筋の話として海外メディアThe Informationが報じた。

関係者2名によれば、FTXのSam Bankman-Fried(通称、SBF)CEOは投資家に対して、FTXとFTX.USの資金調達を検討していると発言したという。米国部門の株式購入を望む投資家を募集していることを明かした。

新たな資金調達ラウンドでは総額15億ドルを目標にFTXが約3.6兆円(320億ドル)、FTX.USが9,000億円(80億ドル)の評価額に基づいて行う見込み。

なお、現段階では調達した資金の使途などは明らかにされていない。

FTXとは

「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン・フリード氏が最高経営責任者を務める仮想通貨取引所。米国向けの取引所「FTX.US」を傘下に持つ。

日本人大リーガーの大谷翔平選手や米プロ野球リーグ「MLB」とも長期のパートナーシップを締結するなど、最近は積極的にプロモーションを行なっている。

▶️仮想通貨用語集

関連: 米大リーグの大谷選手、FTXのアンバサダーに

FTXの資金調達

FTXは10月下旬にも約2.8兆円の評価額に基づいて、約480億円(420,690,000ドル)の資金調達を完了したばかり。ブラックロック傘下のファンドやシンガポールの政府系ファンドなど69の投資家が投資ラウンドに参加していた。

関連:仮想通貨取引所FTXが約480億円調達、評価額2.8兆円

2021年は仮想通貨・ブロックチェーン関連企業の資金調達事例が多く散見されており、機関投資家やソフトバンクなどの大手企業も参加している。

最近ではブロックチェーン企業Gincoが約5.7億円の資金調達を実施。みやこキャピタルやDBJキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資を行っていた。

ウィンクルボス兄弟が手がける仮想通貨取引所ジェミナイも8,100億円の評価額に基づき4億ドル(約457億円)の資金調達を完了した。

また、旧フェイスブック社が10月下旬にメタへ社名変更を行って以来、メタバース領域への出資も加速しており、ソフトバンクグループのVision Fundは新領域への出資を加速化している。

関連: ソフトバンク、メタバースNFTゲーム「The Sandbox」で100億円規模の資金調達主導か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します