ソフトバンク、メタバースNFTゲーム「The Sandbox」で100億円規模の資金調達主導か

SANDトークン高騰

ソフトバンクグループのVision Fund 2は2日、メタバース(仮想空間)ゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」について、100億円(9,300万ドル)の調達ラウンドを主導したことがわかった。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

ロイターによれば、Vision Fund 2が初めて独自トークンを発行する仮想通貨プロジェクトに出資する事例になるという。

「The Sandbox(サンドボックス)」は、ブロックチェーンゲームの開発プラットフォーム(香港発)で、シリーズとしては全世界で4,000万ダウンロードを達成した。ゲームやアート作品の制作や作品の取引を行う場を提供し、世界的人気を博す「マインクラフト(Minecraft)」と同系統のブロックチェーンゲーム版としても認知されている。

The Sandboxのバーチャルの土地(ランド)は、すでにコインチェックNFTなどで取り扱われているほか、大物ラッパーのスヌープ・ドッグらとメタバースのデジタル資産でコラボレーションを実施。20年3月には、The Sandbox開発会社のTSB Gaming Ltdにスクウェア・エニックスが出資したことも大きな反響を呼んだ。

関連:コインチェックNFTβで取引を行うには?特徴や取り扱い商品の解説

今回調達した資金は、クリエイターエコノミーの拡大、およびファッションや建築、バーチャルコンサートなどの仮想領域に充てていくという。

SANDトークンは先週フェイスブックの「Meta」改名以来、メタバースセクターへの高まる注目を受け2倍以上高騰したが、ソフトバンク出資のニュースを受けてさらに前日比+30%以上急騰した。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

ソフトバンクグループはここにきて、仮想通貨・ブロックチェーン関連の大型出資(投資)を加速させている。つい昨日には、米最大手仮想通貨投資企業DCG(デジタルカレンシーグループ)の800億円に相当する株式私募を主導していたことが報じられた。

関連:イーサリアム最高値更新で約50万円に、フェイスブックの影響で「メタバース」銘柄に買い集まる

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します