ジャマイカ中銀、最初のCBDC試験運用プロジェクトを完了

ジャマイカがCBDC試験運用に成功

カリブ海の島国、ジャマイカの中央銀行は2021年12月末、中央銀行デジタル通貨(CBDC)について最初の試験運用期間を完了したと報告した。

ジャマイカ中銀は昨年3月、CBDC技術企業eCurrency Mintと提携してCBDCをテストしていることを発表していた。昨年5月に試験運用プロジェクトを開始し、12月31日をもって終了したという。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCはデジタル上の法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

具体的な内容としては、以下の3つが実施された。

  1. CBDCの生成
  2. ウォレットプロバイダーへCBDCを提供
  3. リテールユーザーにCBDCを配布

まず、昨年8月に初回鋳造式で2億3,000万ジャマイカドル(約1.7億円)相当のデジタル通貨を生成。同月、さらにジャマイカ中銀の銀行部門に向けて、100万ジャマイカドル(約74万円)相当のCBDCを発行した。

続けて10月には、500万ジャマイカドル(約370万円)相当のCBDCを、預金取扱機関である国立商業銀行(NCB)に対して発行・提供。NCBはウォレットプロバイダーとなって、4つの小規模商店、53人の一般消費者、合計で57の顧客にCBDCを供給した。

12月に開催されたNCB主催のマーケットでは、地元の宝石店や衣服店と、消費者の間での個人間取引や、入金・出金などが行われている。

今後の予定

これからの予定としてジャマイカ中銀は、2022年第1四半期にCBDCプロジェクトを全国展開すると明かした。

国立商業銀行(NCB)は、既存ユーザーのCBDCアカウントを保持すると共に、新規ユーザーについてもCBDCを提供していく。さらに、現在バーチャル環境でシミュレーションテストを行っている、ウォレットプロバイダー2社についても、ジャマイカ中銀よりCBDCを入手し、そのユーザーに配布できるようになるという。

また、CBDCプロジェクトに参加する様々なウォレットプロバイダーのユーザー間で、相互運用性の面から取引テストが実施される見込みだ。

メキシコもCBDC導入へ向けて始動

ジャマイカの近隣国であるメキシコも昨年末、2024年までに独自のデジタル通貨を導入する計画を発表した。政府公式ツイッターで12月30日、「これらの新しいテクノロジーと最先端の決済インフラ(CBDC)は、メキシコの金融包摂を推進する貴重な選択肢として、最も重要だと考えている」と述べている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します