CoinPostで今最も読まれています

ビットコインETF承認を目指し、約4.2兆円の資産運用会社とフィンテック企業の合同チームが許可申請

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインETF
巨大機関投資家の参入が見込めることで実現を期待される「ビットコインETF」。これまで米SECには12の申請が却下されているが、懸念点を解消した新しいアプローチが話題に。
ETFとは

Exchange Traded Fund (上場投資信託)の略でインデックスファンドの一種。

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等に連動する運用成果を目指し、東証などの金融商品取引所に上場している投資信託のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインETF(上場投資信託)の動向

実現すれば、仮想通貨投資の「聖杯」になるとも言われている、ビットコインETF(上場投資信託)。

6月6日、ニューヨークに拠点を置く、老舗資産運用会社Van Eck Associatesと、金融テクノロジー開発と金融サービスを提供するSolidX Partnersの2社が共同で、米国証券取引委員会(SEC)へ、ETFの承認許可申請を行いました。

しかし、Van Eck社とSolidX 社がビットコインETFの許可申請をしたのは、これが初めてではありません。 

Van Eck社は2017年8月に、SolidX社に至っては、2016年3月にSECへの「ビットコインETF」承認申請を行っていますが、SECは2018年1月、約12の申請の取り下げを要請したことから、未だ実現には至っていません。

それでは、今回申請されたビットコインETFは、従来の申請内容と何が違うのでしょうか。

まず、投資業界および仮想通貨業界で有力視される2社が、それぞれの強みを生かしたタッグを組んだことが挙げられるでしょう。

Van Eck社は、1955年の設立以来、金(ゴールド)の投資信託や金採掘者ETFをはじめとする革新的な金融商品を提供しており、デジタル資産インデックスを創設するなど、常に新しい資産クラスへの投資商品を開発、展開してきた会社です。

その管理下にある資産は、380億ドル(約4兆1800億円)と言われており、Van Eck社最高経営責任者である、Jan van Eck氏は「ビットコインETF」商品について、次のように述べています。

ビットコインは、”デジタル・ゴールド”として、投資家のポートフォリオに含めるのに、理に適った正当な投資オプションであることが、明らかになってきたと考えている。」

SolidX社の場合

一方、SolidX社は、フィンテックを専門とし、暗号化ソフトとフィンテックを駆使した金融商品を開発してきたスタートアップです。

このような投資商品開発に長けた両社が申請した今回のETFは、SECが申請却下の要因としてあげた懸念事項に十分対処したものであると、SolidX 社、最高経営責任者のDaniel Gallancy氏は、Bloomberg社への電話インタビューで答えています。

「規制当局が懸念しているのは、個人投資家向けのETFであるようだと、様々なコメントから推量できる。そのような懸念は時間とともに変わると思われるが、現時点で最も適しているのは、機関投資家向けの商品だ。」

このコメントの通り、申請されているビットコインETFは、1シェアが25BTC (執筆時約2,125万円)と設定されており、この価格は従来のETF商品のシェア価格と肩を並べるものです。

また、規制側が懸念を示したシェア価格および基準価格設定しては、規制下にある取引所のBTC価格に基づくものだとしています。

さらに、両社が申請したETFは、BTC現物により裏付けられると同時に、BTCの紛失および盗難に対しての保険もかけられるとのことです。

Jan van Eck氏のこの商品に対する自信のほどは、同氏の次の発言からも、伺い知ることができます。

「私たちは、規制当局が審査中の他の(ETF)モデルよりも優れたものを共同で作り上げた、と信じている。」

「ビットコイン現物に裏付けられたETFは、ビットコイン価格と連動するように適切に構成・設計され、保険も組み入れてあることで、所有者をビットコインの調達と保有の運用上リスクから保護することに役立つ。」

投資の選択肢を広げ、仮想通貨エコシステムの発展にも大きく寄与することになると考えられるビットコインETFですが、規制当局であるSECは、昨年以来なかなかその慎重な態度を変えていません。

5月31日には、シンガポールに本拠をおく、世界第3位の仮想通貨取引所Huobiが、独自の仮想通貨ベースのETF商品取り扱いを発表しています。

仮想通貨投資業界の醍醐味は、国境を越えて互いの動向が影響しあっていくことですが、この動きは、アメリカの規制当局の決断を促すことになるのでしょうか。 今後のSECの判断が注目されます。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア