米NYDIG、ビットコインの給与受取サービスを発表

ビットコインによる給与貯蓄プランをリリース

米暗号資産(仮想通貨)投資企業NYDIGは1日、企業の従業員が給与の一部をビットコイン(BTC)で受け取り、貯金することができるサービスを発表した。

NYDIGによると、この一種の福利厚生サービスでは、従業員が給与の何パーセントをビットコインに自動変換するかを選択することができる。

また、ビットコインを取引することも可能。取引手数料や保管手数料は無料で、ユーザーが保有するビットコインの100%が、NYDIGが提供する安全性の高いコールドストレージシステムで保管されるという。

コールドウォレットとは

仮想通貨を保管するための財布の役割を果たす「ウォレット」の中で、インターネットと完全に切り離されたものを指す。

▶️仮想通貨用語集

米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のベテラン選手だった、ドリュー・ブリーズ氏が所有する企業が、NYDIGの新サービスを使う企業の一つとなる。

ブリーズ氏の会社(EverbowlやStretchZoneなど)は今後、その従業員にビットコインによる貯蓄プログラムを提供することができるようになる見込みだ。ブリーズ氏自身も、プログラムを使って報酬の一部をビットコインに変換する予定であるという。

ブリーズ氏は次のようにコメントした。

長い間、ビットコインは私にとって近寄りがたいものだった。しかし、お金や長期的な資産価値、金融の歴史などを知ろうと努力するにつれ、ビットコインの重要性が分かった。

そのため、私は給料が支払われる都度、その一部をビットコインに割り当てられるプログラムを利用する。また、私が関わる企業の従業員にも、その選択を可能にすることが楽しみだ。ビットコイン貯蓄プランは、資産形成を始める最も簡単な方法の1つだ。

サービス開始時点での導入企業

プロバスケットボールチーム「ヒューストン・ロケッツ」や、レストラン大手Landry’sも、NYDIGのビットコイン貯蓄プランを従業員に提供するという。

ヒューストン・ロケッツなどを傘下に抱えるFertitta Entertainmentのティルマン・フェルティッタCEOは、ビットコイン貯蓄プランが優れた人材を獲得するのにも役立つと意見した。

「最先端の福利厚生を提供することで、労働力になる新しい世代にアピールすることができる」とする格好だ。

その他、NYDIGの新サービスを活用する企業には、デジタル化ソリューション大手Q2、MVB銀行、Vantage銀行、ビットコインマイニング企業Iris Energyなどが含まれている。

NYDIG自体も、全従業員がビットコイン貯蓄プランを利用できるようにする予定だ。

ニューヨーク市長が仮想通貨で給与受取

米国では、雇用主側が直接に、仮想通貨で給与支払いを行うことはできないが、いくつかの企業が、給与の仮想通貨受取を可能とするサービスを展開している。

NYDIGの他には、仮想通貨取引所コインベースや、ストライクが給与受取サービスを提供。最近、ニューヨーク市のアダムス新市長が、初任給をビットコインとイーサリアム(ETH)で受け取ったことが話題となったが、市長はコインベースのサービスを利用している。

関連米NY市長、ビットコインとイーサリアムで給与を受け取った目的とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します