NFTゲーム「アクシーインフィニティ」、報酬トークン(SLP)の新規発行量を削減へ

SLPトークンの供給超過に対応

人気ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」は4日、ネイティブトークンであるスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)の新規発行量を削減していく新方針を発表した。変更は、シーズン20より適用される。

これによる、SLPトークンの生成が56%ほど抑制されることになる。

これは、直近のSLPのインフレを懸念した動きだと公式側は説明。SLPは、プレイヤーがデイリークエストやアドベンチャーモードで条件達成したり、戦闘で勝った際に付与される人気ゲーム「アクシーインフィニティ」内のネイティブトークン。SLPは、新たなキャラクター(Axie)を繁殖させるため使用することが可能で、新アクシー誕生後にはバーン(焼却)される。

しかし21年夏頃より次第にバーンされる枚数を新規発行量が上回るようになっており、SLPトークンの「インフレ」が発生。トークン価値が低下している状況だ。

出典:Axie Infinity

具体的には、1日あたりで、繁殖による消費量の約4倍のSLPが作成されている。開発チームによると、SLPトークン生成の内訳は約40%はアドベンチャーモードで、約44%はPVP(プレイヤー対プレイヤーの戦闘)で、約14%がデイリークエストから発生していると説明した。

Axie Infinityとは

NFTのキャラクターを育成したり戦わせたりするゲーム。ベトナムのゲームスタジオSky Mavisが開発。

プレイヤーがゲームで仮想通貨を獲得し、それを現地の法定通貨に変換できる「Play-to-earn」という仕組みが備わっており、フィリピン、インドネシア、ブラジルなどの国々で21年夏に参加者が急増。ゲームに参加するには、最初にNFTキャラクターを入手するためにETHを支払う必要がある。

▶️仮想通貨用語集

公式側は、まず、アドベンチャーモードをプレイすることでユーザーに付与されていた1日あたり50SLPを廃止。アドベンチャーモードは、プレイヤーがモンスターと戦うシングルプレイモードである。

アクシーインフィニティによると、このモードは元々、プレイヤーがゲームの遊び方を学ぶための方法として考案されたものだった。しかし最近では、トークンを稼ぐ方法として使われることが多く、このモードよりは、PVP戦闘にトークン報酬のインセンティブを与えることを優先したいと説明。

また、デイリークエストによるSLP付与も廃止。デイリークエストは、毎日のチェックインや、アドベンチャーモード、戦闘への参加に対して、追加でSLP報酬を与えるイベント。毎日プレイすることを奨励するシステムとしてうまく機能してきたが、現在はSLPを過剰に発行している状況があると指摘した。

アクシーインフィニティ公式は、こうした廃止措置について、次のように説明した。

私たちは、これが痛みを伴う改善策であることを認識している。しかし、アクシーの経済は、今、抜本的かつ決定的な対策を講じなければ、全面的に崩れてしまう危険性がある。それは、もっとも避けたいことだ。

戦闘アリーナでの報酬体系も変更

これに加えて、PVP戦闘アリーナでの報酬体系も大幅に変更される。SLP報酬は減少するが、もう一つのネイティブトークンであるAXSによる報酬額は増加。また、ゲームを始めて間もないプレイヤーを奨励するため、一定レベル以下のプレイヤーには、1勝につき1SLPが付与される。

AXSとは

アクシーインフィニティのガバナンストークン。キャラクターNFT「Axie」をマーケットで購入することや、Axieを繁殖させるためにも使用できる。

▶️仮想通貨用語集

アクシーインフィニティは、シーズン20より、PVPでのAXS報酬総額を、以前の3,000 AXSから11万7,676 AXSまで増加させるという。

アクシーインフィニティ公式は、次のように述べた。

これは、競争の多いアクシーのシーンを創出するのに役立ち、質の高いアクシーのチームに対する需要がさらに高まるだろう。

今回の発表後、AXS価格は約40%上昇した。

出典:CoinMarketCap

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します