バイナンス、銘柄の新規上場を発表

WOO Network(WOO)上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは8日、銘柄の新規上場を発表した。

対象となる銘柄はWOO Network(WOO)で、日本時間8日の15時30分より取引を開始。出金は9日の15時30分より可能になる予定だ。

また、提供する通貨ペアはWOO/BNB、WOO/BTC、WOO/BUSD、WOO/USDTの4つとなる。

WOO NetworkはWOO XやWootrade、WOOFiといったプロダクトを介して流動性を提供するネットワークで、トレーダーや企業、取引所、DeFiプラットフォームにつながっている。WOOは担保資産やステーキングといった機能を発揮するプラットフォームのネイティブトークンだ

関連米内国歳入庁(IRS)が税の返還承認か、ステーキング報酬に対する課税タイミングが焦点に

関連ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します