米最大手ブローカー、仮想通貨関連ETFを申請

「Crypto Economy ETF」を申請

米最大手投資ブローカーCharles Schwabは米SEC(証券取引委員会)に、暗号資産(仮想通貨)関連のETFを申請した。

申請したのは、「Crypto Economy ETF」という上場投資信託で、Charles Schwabが提供する予定となる指数「Schwab Crypto Economy Index」をトラッキングする。

現時点では指数に入る具体的な企業名は明らかになっていないが、「仮想通貨やICOには直接投資せず、ビットコイン(BTC)といった仮想通貨の開発やブロックチェーン関連の事業から恩恵を受ける企業の株式へのエクスポージャーを提供する」としている。

運用資産が870兆円を超えるCharles Schwabは以前から仮想通貨業界への参入を検討していた。昨年4月、同社のWalt Bettinger CEOは不透明な規制環境を懸念し仮想通貨取引サービスの提供を慎重に考慮していることを明かした。

関連Charles Schwab「仮想通貨取引サービスの提供は規制の方針次第」

Charles Schwabが今回申請したETFに類似したものはすでに米市場で取引されている。米大手資産管理会社Invescoが仮想通貨投資企業Galaxy Digitalおよび指数プロバイダーAlerianと提携し提供している「Invesco Alerian Galaxy Crypto Economy ETF」がその一例だ。

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します