OKCoinJapan、仮想通貨クアンタム(QTUM)の取り扱い開始へ

OKCoinJapan、QTUM取扱いへ

暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanは4日、クアンタム(QTUM)の取扱開始を発表した。

クアンタムの入庫受付開始は3月14日より。現物取引は3月22日より板取引と販売所での取り扱いを開始する。

関連: 仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違い|初心者のおすすめは

これにより、OKCoinJapanの取扱い銘柄は13種類となる予定だ。

クアンタムとは

クアンタム(Qtum)はDeFi(分散型金融)やdApps(分散型アプリ)、NFT(非代替性トークン)に特化しているオープンソースのブロックチェーン・プラットフォーム。。

ビットコイン(BTC)などで利用されている残高管理システムUTXO(Unspent Transaction Output)とイーサリアム(ETH)の採用するコンセンサス(合意形成)アルゴリズムであるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を導入している。

関連:仮想通貨クアンタムとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します