CoinPostで今最も読まれています

2兆円規模の仮想通貨流入予測も:安心保管のカストディサービスが今望まれる理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

カストディサービス参入相次ぐ
安心・保管の「カストディサービス」導入により、およそ200億ドル(2兆200億円)規模の仮想通貨が同事業に流入することが予想されており、米ウォール・ストリートの大御所3社も仮想資産のカストディサービス展開について検討している。
カストディサービスとは
証券投資を行なう投資家の代理人として、有価証券の保管や売買に係る決済、あるいは元利金・配当金の受領や議決権行使などの幅広い業務を提供するサービスの総称のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

安心保管サービスの需要が高まる背景

「安心」

この言葉ほど、現在の仮想通貨投資の状況から、かけ離れた言葉は見つからないように思えます。

仮想通貨市場は、未だ「ワイルド=未開発」な部分が多く、”思いがけない危険”があちこちに潜む、ジャングル探険に例えることもできるかもしれません。 

それだけに、大きな可能性と醍醐味が残された市場でもあるわけですが、一過性のブームではなく継続的な成長を続けるためには、法整備はもちろん、投資家の視点に立ったサービスの充実が不可欠です。

現在、仮想通貨投資市場が伸び悩んでいる理由の一つに、相次ぐハッキング被害やフィッシング詐欺など、サイバーセキュリティの面があります。投資家にとって、投資した仮想通貨の安全な保管方法に不安がつきまとう点が挙げられるでしょう。

取引所に預けておく、ハードウォレット、オフラインのコールドウォレットで秘密鍵を保管するなど、選択肢はいくつかあるものの、「従来の株式などの投資方法に比べ、技術的、心理的なハードルが高い」という印象をぬぐいきれません。

特に、巨額の顧客資産を預かる機関投資家にとって、盗難被害を防ぐことができるかどうかは、最重要課題であり、機関投資家の仮想通貨市場参入の鍵をにぎる課題とも言えるでしょう。

機関投資家参入の呼び水に

その意味で注目されているのが、「カストディ(custody) 」と呼ばれる保管、管理サービスで、現在いくつもの金融機関がサービスを研究・開発中であり、運営開始も間近だと報道されています。

資産保管の問題が最終的な障壁となっている投資家はたくさんいる。

市場は来年にかけて、保管業務は”すでに解決された問題”であるとの認識を持つようになる。 このことにより、大きな資本流入の鍵が開かれるだろう。

ヘッジファンドMulticoin Capital社の共同運営者である、Kyle Samani氏は、Bloomburg紙の電話インタビューにこのように答えています。 

Multicoin Capital社は、先に日本への進出も発表された、アメリカ主要仮想通貨取引所「Coinbase」社が提供するカストディサービスの試験利用を開始している、機関投資家グループのうちの1社です。

野村ホールディングスの例

また5月には、世界的影響力を持つ投資銀行であり証券持株会社の野村ホールディングス株式会社が、「デジタルアセット」のカストディサービスの提供へ向けて、仮想通貨のハードウォレットで知られるLedger社と、英国領ジャージー島に本拠を置く投資顧問会社、Global Advisors Holdings Limitedと共同研究を始めたことを発表しています。

このベンチャープロジェクトは、”Komainu”(狛犬)と呼ばれています。

このプロジェクトを運営するGlobal Advisors社のJean Marie Mognetti氏によると、コマイヌプロジェクトは今年夏頃、限定的な試験運用を始め、年末までには、ヘッジファンドや投資管理会社などの顧客向けに規模を拡大していくための解決策を準備する方針だそうです。

一方アメリカでは、仮想資産のカストディサービス事業には、デジタル通貨スタートアップのBitGo社が120億ドル(1兆3200億円)のデジタル資産を管理するKingdom Trust社を今年初めに買収、参入を表明しています。

さらに、すでに伝統的資産のカストディサービス事業では、大御所と言える米ウォール・ストリートの少なくとも三社、

  • Bank of New York Mellon
  • JPMorgan Chase & Co.
  • Northern Trust
も、仮想資産のカストディサービス展開について検討していると報道されています。

そこで気になるのは「規制との関連」ですが、前出のCoinbase社や、BitGo社は米国証券取引委員会や自主規制団体である、金融取引業規制機構(FINRA) と密にコミュニケーションをとっており、近いうちにカストディサービス提供者としての厳しい基準を満たす見通しだと述べています。

Coinbase社のカストディプロジェクトを統率している、Sam McIngvale氏によると、カストディサービスの提供開始により、およそ200億ドル(2兆200億円)規模の仮想通貨が、この事業へ流入することが予想されるとしています。

安心の値段

ただし、”安心”の値段は、安くはありません。

Coinbase社は、カストディサービスの口座開設に10万ドル(1100万円)。毎月の保管・管理費として0.1%、そして、最低残高を1000万ドル(11億円)と設定しています。

 また、コールドストーレージで保管されている仮想通貨の引き出しには、最高48時間という時間も必要です。

しかし、仮想通貨投資の難点であった「安全性」の提供に、大きなビジネスチャンスを見出している企業も多く、選択肢が増えること、また企業間の競争により、この費用は、将来的には減少することが見込まれます。

 また、「安全」の課題が解決されることにより、機関投資家の仮想通貨市場への投資も促進されると予想されます。

Autonomous Research 社のフィンテック部長Lex Sokolin氏は、「技術的な解決法は、今年末までには市場に提供されるだろう」と予想しており、「伝統的な答え」つまり、投資家の市場への反応が、それに続くことになると述べています。

CoinPostの関連記事

野村HDが海外2社とデジタル資産向けカストディ(保管・管理)サービス提供を目指す
野村ホールディングス株式会社と Ledger、Global Advisors Holdings Limitedが仮想通貨を含むデジタル資産のカストディサービスの提供に向けて、共同研究を進めることを発表しました。
三菱UFJと連携し日本進出する米最大級仮想通貨取引所Coinbaseの影響とは?
アメリカ最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、16年7月に同社に10億円強出資した、三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、三菱UFJ)と連携し、日本市場の開拓を目指すと日経新聞が報じました。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/04 月曜日
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア