CoinPostで今最も読まれています

詐欺目的で6つの仮想通貨取引所を運営|ウクライナ警察が容疑者4人を逮捕

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ウクライナの仮想通貨詐欺サイトを摘発
ウクライナ警察は、詐欺目的で少なくとも6つの仮想通貨取引所を運営していた容疑者4人を逮捕した。架空のレビューを掲載した上、独自のコンテンツ管理システムを開発するなど、巧妙な手口だった。そのほか、精巧に作られた偽サイトに誘導してパスワード盗難するフィッシング詐欺被害も世界各国で相次いでいる。
フィッシング詐欺とは
偽サイトに誘導するなどして利用者を騙し、認証情報や個人情報を詐取するサイバー犯罪のこと。 電子メールにより不正サイトへ誘導し、利用者自身にサイトログインに必要なアカウントやパスワードなどの認証情報を入力させて詐取するもの。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ウクライナの仮想通貨詐欺サイトの摘発

ロシアに近接し、東ヨーロッパに位置するウクライナにて、少なくとも6つの詐欺仮想通貨取引所サイト

  • moneycraft[.]info
  • swapex[.]net
  • myexchanger[.]lv
  • iconvex[.]net
  • likechange[.]biz
  • and wowex[.]online

を運営していたとみられる20〜26歳の容疑者4名が、ウクライナ警察の「サイバー犯罪専門チーム」によって逮捕されました。

すでに家宅捜索も行われており、フラッシュドライブなど犯罪に使用されていたコンピューター機器、携帯電話やキャッシュカードなどが押収されています。

ウクライナ警察は、公式サイトで以下のように言及しました。

今回の犯罪者グループは、4人で構成されている

容疑者は、プログラミング分野における優れた知識とスキルを有しており、取引所を管理するため独自のコンテンツ管理システムまで開発されていた。

サイトを利用した被害者は、「偽装されたデジタルウォレットに送金されるよう促された」と主張しています。

運営側は、ある程度の資金を集めることに成功すると、そのサイトを閉鎖し、また新たな偽サイトを作成していたとされています。

各サイトは、複数通貨に対応するなど、正規の取引所に似せられて作成されており、架空のレビューまで掲載されていたことから、実に巧妙な手口であったと言えるでしょう。

今回摘発されたのは6つのウェブサイトのみですが、他にもオンライン上には、無数の仮想通貨詐欺サイトがあるとされており、ウクライナ警察は”注意勧告”を行っています。

なお最新の報告によると、ウクライナの3つの主要取引所、Exmo、Kuna、BTC Trade UAにおける売上高/日は、200万ドル相当(年間7億ドル相当)に達するとされています。

また、「Green Book:Cryptocurrency Market Regulation」という新しいレポートによると、ウクライナの仮想通貨利用者数は、世界トップ10にランクイン。ICOやマイニングも盛んに行われるなど、仮想通貨関連事業が活発な国として存在感を強めています。

各国で横行する仮想通貨詐欺

このような仮想通貨取引所詐欺サイトは、ウクライナだけに留まらず、過去にも、BinanceやHitBTCのような世界有数の仮想通貨取引所のフィッシングサイト(精巧に作られた偽サイト)も報告されており、多くの人々が、ログインIDやパスワードをフィッシングサイトで入力してしまい、自身の資産が盗まれてしまうような被害が出ています。

実際、日本だけでも、2017年に仮想通貨関連の不正送金被害は「149件」報告されており、その被害総額は、約6億円に上ると警察庁が報告しました。

フィッシングサイトの特徴としては、Google検索の際に、

  • ”広告”の部分に表示されることが多い
  • URLが微妙に異なる
  • 保護された通信でない

といったものが挙げられ、公式サイトをあらかじめブックマーク登録しておく、SSL認証(緑色のアドレスバー)の有無とセキュリティレベルのチェック、2段階認証を設定する、などの対策が必要不可欠であると言えるでしょう。

アメリカ、カナダによる仮想通貨詐欺プロジェクトを一掃しようとする”Operation Cryptosweep”など、国家規模での仮想通貨詐欺への対抗も始まってきてはいますが、その取り組みは未だ不完全であり、各個人が自分の資産を守るために、細心の注意を払っていくべきであると考えられています。

CoinPostの関連記事

1年半で盗まれた仮想通貨の総額は約1312億円|ロイター社がAPWGの見積統計データを公開
5/24に公表したアンチフィッシング・ワーキンググループ(APWG)の見積統計にて、2017年年始から、犯罪者によって仮想通貨が盗まれた総額は約12億ドル(1312億円相当)にも及ぶことをロイター社が報じました。
Binance懸賞金:ハッカー逮捕に繋がる情報提供者に25万ドルを提案
Binanceは、3月7日に起きたハッキング未遂事件の情報提供を呼びかけ、関係者の逮捕に繋がる情報提供者に万(約2650万円)相当の賞金を与えることを発表しました。また近年仮想通貨業界へのサイバー攻撃が急激に増加しており、BInanceは同業界内の他の取引所や仮想通貨ビジネスに犯罪者達に対して積極的な対応を行うよう促しました。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 木曜日
07:15
「BTC長期保有者は買い集め傾向に」Glassnode
仮想通貨ビットコインの長期保有者は買い集め傾向に転換したとGlassnodeが週次レポートで指摘。また、イーサリアムのパフォーマンス分析も行っている。
06:25
マスターカード、P2Pの仮想通貨送金ネットワークを開始
マスターカードの仮想通貨のユーザーは一般的に長くて複雑なブロックチェーンのアドレスではなく、Mastercard Crypto Credentialのエイリアスを使用して送受信できるようになる。
06:05
ロビンフッド、欧州で仮想通貨JUPとW新規上場
米大手仮想通貨・株投資アプリ ロビンフッド・マーケッツは29日、ヨーロッパの顧客向けに2つの仮想通貨銘柄の新規上場を発表した。
05:55
PayPalステーブルコインPYUSD、ソラナでローンチ
ペイパルのPayPal USDはソラナで利用可能になった。ペイパルの信頼できるステーブルコイン製品にソラナネットワークのスピーディーな最終処理と低コストがもたらされ、ユーザーや開発者は数秒で決済される低コストの支払いを体験できるようになる。
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。
13:57
米フォーブス誌、最も信頼できる世界の仮想通貨取引所トップ20を発表
米フォーブズ誌は、独自の基準で評価した「世界で最も信頼できる仮想通貨取引所とマーケットプレイス」の結果を発表。対象となった646社の中から最終的に20社が選ばれたが、日本の取引所4社もランクインした。
12:45
ザ・サンドボックス、DAOを立ち上げ メタバース運営を分散化へ
メタバースゲームThe Sandboxは自律分散型組織の立ち上げを発表した。今後は段階的にコミュニティによるDAOが運営していくことになる。
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア