バイナンス、中東初の規制ライセンス取得 ブラジルで証券企業の買収を計画

バーレーンの規制ライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは14日、バーレーン中央銀行から暗号資産サービスプロバイダーとしてのライセンスを取得したことを発表した。

バイナンスにとっては、中東諸国が構成する湾岸協力理事会(GCC)領域、また中東・北アフリカ(MENA)地域においても初の暗号資産ライセンス事例となる。

今回取得した暗号資産ライセンスにより、バイナンスはバーレーンの規制当局の監視の下、仮想通貨の取引やカストディーサービスの提供が可能となる。

湾岸協力理事会(GCC)はサウジアラビア、バーレーン、クウェート、オマーン、アラブ首長国連邦、カタールの6カ国が構成する経済同盟。21年12月にもバーレーン中央銀行から「原則的な承認」を受けていたが、今回は正式にライセンスを取得した格好となる。

バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは以下のようにコメントした。

今回のライセンスは我々が世界中で完全にライセンスを受け、規制される取引所になる過程で、大きなマイルストーンとなった。チーム・バーレーンとサルマン・ビン・ハマド・アール・ハリーファ・バーレーン王国皇太子の協力に感謝を申し上げる。

バーレーンは消費者保護など仮想通貨規制の策定において、世界中の規制当局が参考にすべき先見性を示した。

関連:バイナンス、カナダとバーレーンでライセンス取得

ブラジル証券企業とMoU締結

また、バイナンスは同日、ブラジルの証券仲介(ブローカー)企業「Sim;paul Investimentos」のM&A(買収)に向けた了解覚書(MoU)の締結を発表した。

関連バイナンス、仮想通貨業界以外でも投資へ

CEOのCZ氏は以下のようにコメントした。

バイナンスの目標は、世界中で仮想通貨の採択を増やすことで、ユーザーやブロックチェーンコミュニティ、そして社会全体に前向きな影響を与えることだ。

ブラジルのような急速に発展する市場において、クリプトは人々の生活を変革し、促進することができるため、規制当局と完全に協力して、バイナンスはブラジルのコミュニティとエコシステムの発展に貢献できることがたくさんあると信じている。

Sim;paul社は2019年に設立されたばかりの証券企業だが、2020年10月にブラジル中央銀行から承認を受けた。また、ブラジルの証券取引委員会(CVM)からも承認されている。

一方のバイナンスは21年夏、ブラジルの証券取引委員会(CVM)から仮想通貨のデリバティブ契約が有価証券に該当するため、ポルトガル語でのデリバティブ取引の提供を停止。20年にも先物取引の提供停止を命じられており、大型市場であるブラジルで規制当局からライセンスを取得していないことが、ネックとなっていた経緯がある。

関連: バイナンス、ブラジルでデリバティブの提供を停止

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します