コインベースウォレット、ソラナ系銘柄に対応

マルチチェーン対応のウォレット

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所が提供する自己保管型ウォレット「コインベースウォレット」はソラナ(SOL)ブロックチェーンに対応開始した。

ソラナブロックチェーンへの対応はウェブブラウザの拡張機能のみとなる。ウォレットのユーザーはSOLおよびソラナ基盤のSPLトークンを入出金・管理することができるようになった。

SPLトークンには対応し始めたが、ソラナブロックチェーンのNFT(非代替性トークン)にはまだ対応していない。また、アプリ版ウォレットのほうではSPLトークンの残高などはまだ表示されていない。

コインベースウォレットは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、BNBチェーン、アバランチ(AVAX)ポリゴン(MATIC)にも対応しているマルチチェーン接続のウォレットだ。The Blockの取材によると、コインベースウォレットは今後ソラナのNFTに対応し、ソラナ基盤のdApps(分散型アプリ)にも対応していく計画があるという。

また、コインベース取引所のほうは、1月下旬に、SPLトークンに対応する可能性が浮上。その後、BonfidaとOrcaというSPLトークンの新規取扱を実施していた。

関連米コインベース、ソラナ系銘柄の新規上場を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します