Binanceコイン(BNB)に配当?需要拡大が見込まれる新プロジェクト『仮想通貨取引所開設同盟計画』

バイナンスが取引所開設同盟計画を発表
Binance社はグローバルで「仮想通貨取引所開設同盟計画」をトライアル始動、この中でBNBトークンの需要拡大が見込まれ、トークン保有者への配当が行われる可能性が示唆されました。
バイナンスコインとは
海外最大手の取引所「バイナンス」の取引手数料が0.05%までディスカウントされるトークン。バイナンス社のプロダクトやプロジェクトの応用など、取引所の規模拡大と共に価値面でも注目されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

バイナンスが仮想通貨取引所開設同盟計画を始動

日本時間6/21 (木) 夜21:30時、Binance社はグローバルで「仮想通貨取引所開設同盟計画」をトライアル始動したことを、中国のFacebookと呼ばれる「Weibo」でBinanceが発表しました。

同盟企画に参加したメンバーは、「スナップショット・コールド/ホットウォレット・アセット決済システム・多言語サポート・KYCとAMLのシステム施行経験データ」といったバイナンスのシステムサポートを利用することができます。

参加メンバーは、「ドメイン名・ロゴ・運営体制・マネジメントとマーケティング」の確保・準備を行えば、Binance社が「開発・運営と保守」といった一体化ソリューションとBinanceの流動性分析等を提供します。

今回の企画は、定員は1000チームとなり、チーム毎に10万枚のBNB (投票用や利子用のロックを除き) をロックさせれば、申し込みが可能となります。

現在のレートでは、約1.84億円のBNBトークンが必要となります。

世界中のブロックチェーン開発チームも対象となり、中から運営経験や業界影響力を持つチームと同盟を結成次第、最初の同盟取引所を開設します。

同盟取引所について

同盟取引所は、多種の取引ペアをサポートし、最初の1000チームは独自の取引所プラットフォームトークンの運営システムを採用できます。

具体例

独自プラットフォームトークンの発行をサポートし、その中の51%はマイニング(取引)、49%は発行用(25%は運営チームに、24%はBNB所有者に配布)となります。

マイニング(取引)

同盟取引所で取引が行われると、毎日ユーザーに無料配布が行われます。

一時間毎に、取引所で発生した取引手数料を200%でプラットフォームトークンに変換され、変換率はその一時間以内でのプラットフォームトークンの平均価格 (総取引量/総取引高)。

1日の累計日本時間の毎朝1時に行われ、翌日に前日の累計されたトークンをユーザーに配布します。

取引手数料

別枠として、取引所の手数料が、BNB所有者に対して、その100%を配当として配布されます。(マイニング(取引)された分と発行した分だけ配布される)

発行分(49%)

同盟取引所は、発行トークンの凍結を行い、マイニング(取引)されると同時にリリースする仕組みを構築します。

毎日の解凍量=総発行数 X (前日のマイニング(取引)された総量/51%)

CoinPostの関連記事

バイナンスコイン(BNB) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
BNBが20%価格上昇、紹介ボーナスの倍増が影響か|相次ぐ取引所トークンの高騰
Binanceは、新紹介報酬制度の導入を発表し、500 BNBを保有しているユーザーの報酬を従来の「手数料の20%」から倍増するとしました。紹介報酬の獲得を狙うユーザーがBNBトークンの獲得に走り、今回の高騰に繋がったものと思われます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加