Web3.0ウォレットMetaMask、Apple Payに対応

MetaMask Mobile v4.3.1リリース

主要暗号資産(仮想通貨)ウォレット「メタマスク」は29日、モバイル版アプリMetaMask Mobile v4.3.1をリリースした。

今回のバージョンでは、iOS版ウォレット上でApple Payを使って仮想通貨を購入することができるようになった。Apple Pay対応のビザ及びマスターカードのデビットカードとクレジットカードが利用可能だ。

Apple Payのほか、ダークモードも導入。また、ガスレス(ガス不要)のトランザクションを提供するプライベートブロックチェーンやプロジェクトにも対応し、ガス不要で取引することができるという。

メタマスクはイーサリアム関連の大手開発企業ConsenSys社が運営するウォレット会社による主力製品で、今年の1月のアクティブユーザー数は3,000万を超えていた。

また、先日には、L1ブロックチェーン「アバランチ(AVAX)」に対応したことを発表。同チェーン上でのスワップ(通貨交換)機能の使用が可能になるなど対応サービスの拡大を進めている。

関連MetaMask、仮想通貨「アバランチ(AVAX)」に対応 スワップ機能が可能に

関連仮想通貨のモバイルウォレットとは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します