CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨のモバイルウォレットとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

モバイルウォレットとは
スマホからいつでもアクセスできるモバイルウォレット。そんなモバイルウォレットのメリット・デメリットやオススメのモバイルウォレットを紹介していきたいと思います。
目次
  1. モバイルウォレットって?
  2. メリット
  3. デメリット
  4. こんな人にオススメ
  5. オススメのモバイルウォレット

モバイルウォレットって?

モバイルウォレットは、保有する仮想通貨を入出金するのに必要な、*秘密鍵*やアドレスなどをインストールしたアプリで管理するタイプのウォレットです。

秘密鍵とは

秘密鍵とは、その仮想通貨を所有していること証明するもの。また、秘密鍵を持っている人のみが自分が持っている仮想通貨を動かすことが可能で、金庫の鍵に例えられる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

モバイルウォレットはスマホにアプリやソフトウェアをダウンロードしますが、これの”パソコン版”がデスクトップウォレットに当たります。

ウォレットによっては、同じアプリやソフトウェアをインストールしておけばパソコンでもスマホでも使えるものがあります。

メリット

持ち運びしやすい

モバイルウォレットは普段持ち歩いているスマホで操作することができるので、余計なものを持ち歩く必要がありません。

デスクトップウォレットはWifi環境がなければいけませんので、その点でもデスクトップウォレットより優れています。

実店舗での支払いがしやすい

モバイルウォレットでは取引だけでなく、お店でビットコインでの支払いができます。

ビットコインでの支払いができる店のQRコードを読み取ることで、支払いをすることができます。

適切なウォレットを選びやすい

モバイルウォレットをインストールするときには、Google PlayやApp Storeを通しているので、審査され、ある程度信用できます。

また、評判などを見ることができるので、ユーザーの意見を参考にすることができます。

デメリット

スマホが壊れたらアクセスできない

もし、スマホを水没させていまったり、落として故障してしまった場合に保有する仮想通貨にアクセスできなくなります。

ネット上に秘密鍵を保管するウェブウォレットとは違い、モバイルウォレットは自分のスマホに秘密鍵を保管しているためです。

しかし、これに対策するため、バックアップを取っておくことが非常に大切です。

セキュリティ

モバイルオォレットはインターネットを介するため、ハッキングの危険性はついて回ります。

さらに、スマホが盗難され、他人に使用される可能性がないとは言い切れません。

なので、セキュリティソフトを入れておくことや、使用していないときはオフライン状態にしておくことをお勧めします。

こんな人にオススメ

モバイルウォレットは持ち運びが楽なので、すぐに取引したい、機会損失はしたくないという人向きです。

その代わりウォレットはオンライン状態なので、ハッキングやウイルス感染の可能性はあります。

少しモバイルウォレットに入れておいて、大金はハードウェアウォレットペーパーウォレットに保管しておくのは一つの手です。

オススメのモバイルウォレット

Coinomi

70種類以上の仮想通貨に対応しているAndroidモバイルウォレットです。日本語対応しています。

Android、ios両方に対応しています。

モバイルウォレット「Coinomi」について解説~70種類以上の通貨に対応するマルチウォレット~
70種類以上の仮想通貨に対応しているモバイルウォレット BTC,ETHといった主要通貨からBCHといった新しい通貨にも対応...
Jaxx

AndroidだけでなくiOSでも利用可能で、複数通貨に対応しているモバイルウォレットです。

日本語非対応ですが、使い方は簡単です。スマホだけでなく、ブラウザでも同じウォレットを管理可能です。

JAXX(ジャックス)の使い方、バックアップ作成について解説
様々な仮想通貨に対応しているマルチウォレットであるJAXX(ジャックス)の使い方、バックアップ方法について詳しく解説します。
bitpay・copay

ビットコイン対応のウォレットです。iOS/Android、Windows、Macに対応しています。

どちらも日本語対応されていて、デザインもシンプルで使いやすいです。

ビットコインウォレット「bitpay」,「copay」登録、使い方について解説
スマホ対応により、外出先でも決済可能 Windows,Mac,Linux,Android,iPhoneに対応しているため、...
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア