CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨のモバイルウォレットとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

モバイルウォレットとは
スマホからいつでもアクセスできるモバイルウォレット。そんなモバイルウォレットのメリット・デメリットやオススメのモバイルウォレットを紹介していきたいと思います。
目次
  1. モバイルウォレットって?
  2. メリット
  3. デメリット
  4. こんな人にオススメ
  5. オススメのモバイルウォレット

モバイルウォレットって?

モバイルウォレットは、保有する仮想通貨を入出金するのに必要な、*秘密鍵*やアドレスなどをインストールしたアプリで管理するタイプのウォレットです。

秘密鍵とは

秘密鍵とは、その仮想通貨を所有していること証明するもの。また、秘密鍵を持っている人のみが自分が持っている仮想通貨を動かすことが可能で、金庫の鍵に例えられる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

モバイルウォレットはスマホにアプリやソフトウェアをダウンロードしますが、これの”パソコン版”がデスクトップウォレットに当たります。

ウォレットによっては、同じアプリやソフトウェアをインストールしておけばパソコンでもスマホでも使えるものがあります。

メリット

持ち運びしやすい

モバイルウォレットは普段持ち歩いているスマホで操作することができるので、余計なものを持ち歩く必要がありません。

デスクトップウォレットはWifi環境がなければいけませんので、その点でもデスクトップウォレットより優れています。

実店舗での支払いがしやすい

モバイルウォレットでは取引だけでなく、お店でビットコインでの支払いができます。

ビットコインでの支払いができる店のQRコードを読み取ることで、支払いをすることができます。

適切なウォレットを選びやすい

モバイルウォレットをインストールするときには、Google PlayやApp Storeを通しているので、審査され、ある程度信用できます。

また、評判などを見ることができるので、ユーザーの意見を参考にすることができます。

デメリット

スマホが壊れたらアクセスできない

もし、スマホを水没させていまったり、落として故障してしまった場合に保有する仮想通貨にアクセスできなくなります。

ネット上に秘密鍵を保管するウェブウォレットとは違い、モバイルウォレットは自分のスマホに秘密鍵を保管しているためです。

しかし、これに対策するため、バックアップを取っておくことが非常に大切です。

セキュリティ

モバイルオォレットはインターネットを介するため、ハッキングの危険性はついて回ります。

さらに、スマホが盗難され、他人に使用される可能性がないとは言い切れません。

なので、セキュリティソフトを入れておくことや、使用していないときはオフライン状態にしておくことをお勧めします。

こんな人にオススメ

モバイルウォレットは持ち運びが楽なので、すぐに取引したい、機会損失はしたくないという人向きです。

その代わりウォレットはオンライン状態なので、ハッキングやウイルス感染の可能性はあります。

少しモバイルウォレットに入れておいて、大金はハードウェアウォレットペーパーウォレットに保管しておくのは一つの手です。

オススメのモバイルウォレット

Coinomi

70種類以上の仮想通貨に対応しているAndroidモバイルウォレットです。日本語対応しています。

Android、ios両方に対応しています。

モバイルウォレット「Coinomi」について解説~70種類以上の通貨に対応するマルチウォレット~
70種類以上の仮想通貨に対応しているモバイルウォレット BTC,ETHといった主要通貨からBCHといった新しい通貨にも対応...
Jaxx

AndroidだけでなくiOSでも利用可能で、複数通貨に対応しているモバイルウォレットです。

日本語非対応ですが、使い方は簡単です。スマホだけでなく、ブラウザでも同じウォレットを管理可能です。

JAXX(ジャックス)の使い方、バックアップ作成について解説
様々な仮想通貨に対応しているマルチウォレットであるJAXX(ジャックス)の使い方、バックアップ方法について詳しく解説します。
bitpay・copay

ビットコイン対応のウォレットです。iOS/Android、Windows、Macに対応しています。

どちらも日本語対応されていて、デザインもシンプルで使いやすいです。

ビットコインウォレット「bitpay」,「copay」登録、使い方について解説
スマホ対応により、外出先でも決済可能 Windows,Mac,Linux,Android,iPhoneに対応しているため、...
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。
13:50
a16zのアンドリーセン氏、AIボット支援で800万円相当のビットコインを送付
米VC大手のa16zの創設者であるマーク・アンドリーセン氏は10日に、AIエージェント「Truth Terminal」に5万ドル分のビットコイン(800万円相当=0.866 BTC)を送金したことが判明した。
11:55
Web3ゲーム企業Immutableが日本進出、DMMグループDM2C・QAQAと提携
Web3ゲーム企業Immutableは、日本企業DM2C StudioおよびBLOCKSMITH&Co.と一連の戦略的パートナーシップを結んだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧