大手DEXのUniswapの開発企業、Web3.0ファンドを立ち上げ

Web3.0プロジェクトに投資

大手DEX(分散型取引所)Uniswapの開発企業であるUniswap Labsは12日、投資に特化した部門「Uniswap Labs Ventures」のローンチを発表した。

Uniswap Labs VenturesはUniswap Labsの企業の資金を運用し、Web3.0(分散型ウェブ)関連のプロジェクトに投資。主にブロックチェーンインフラ、開発者ツール、消費者向けdAppsといった分野を対象とする。

また、出資するだけでなく、投資対象のトークン銘柄やプロジェクトに関してはより良いデザインやプロダクトが作られるよう積極的にオンチェーンとオフチェーンのガバナンスにも参加する計画があるとしている。

なお、ファンドの規模については明かしていない。

Uniswap Labsは、今回の投資部門をローンチする以前からすでに、LayerZeroやMakerDAO、Aave、Compound ProtocolといったDeFiなど複数のプロジェクトに出資していた。3月末にはインターブロックチェーンのソリューションを開発するスタートアップLayerZeroラボの約165億円規模のシリーズA+に参加していることが発表されたばかりだ。

関連ブロックチェーン互換性開発のLayerZero、a16zやセコイアなどから約165億円調達

関連成長産業への巨額投資相次ぐ、暗号資産関連企業の資金調達事例まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します