ビットコインのセキュリティ向上へ Crypto.com、米MITに4年分の助成金提供

ビットコインのネットワークを支援

暗号資産(仮想通貨)企業Crypto.comは22日、マサチューセッツ工科大学(MIT)のデジタル通貨に関する取り組み「Digital Currency Initiative(DCI)」に、4年分の助成金を提供したことを発表した。

今回の助成金で、ビットコイン(BTC)のセキュリティに関する研究や、ビットコインネットワークの基盤となるオープンソースプロトコルの開発を支援。提供した金額は明かしていないが、ネットワークの報酬やソフトウェアの安定性を維持する取り組みをサポートすることが助成金の目的だとしている。

DCIのミッションは「価値の移動を、情報送信と同じぐらい直感的かつ効率的に行える未来を創造すること」。このミッションを達成するためにブロックチェーンやデジタル通貨の研究などを行っているが、その中の1つにビットコインに関する取り組みがある。

Crypto.comのEric Anziani最高執行責任者(COO)はDCIについて、以下のようにコメントした。

 

DCIは、特にビットコインのプロトコルを強化することで、ブロックチェーンエコシステムの持続可能性において重要な役割を果たしている。

 

グローバルな研究をサポートしたり、世界が安全に仮想通貨の利用に移行できるようにする取り組みを支援できることを嬉しく思う。

Crypto.comは独自のリサーチチームを持っているが、2021年以降は大学の取り組みを支援しているという。MITの他には、「Carnegie Mellon University」の「Secure Blockchain Initiative」もサポート。この取り組みは、コンセンサスメカニズムやスケーラビリティ、仮想通貨など、幅広い視点からブロックチェーンをリサーチしている。

コンセンサスメカニズムとは

ブロックチェーンにおける合意形成の仕組みのこと。ネットワーク参加者の総意をどのようにして決定するか、具体的にはどのようにトランザクションを記録するかを定めたルールを指す。「コンセンサスアルゴリズム」と呼ばれることもある。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかる仮想通貨企業Crypto.com(クリプトドットコム)とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します