大手NFT電子市場OpenSea、APE決済に対応開始

NFTのAPE建てに対応

大手NFT(非代替性トークン)電子市場「OpenSea」はエイプコイン(APE)の価格表示・決済を導入したことが明らかになった。

OpenSeaの「Explore」というページにアクセスすると、「On Sale In」欄からAPE価格表示の選択ボタンを確認できる。

出典:OpenSea

現時点では、BAYCやMAYCのほうではAPEによる売買は行われていないようだが、一部のNFTコレクションはすでにAPE建てで表示されている。

エイプコイン(APE)は「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連するApe財団の後援するApeCoin DAOが3月にローンチしたトークンで、エコシステム内のガバナンストークンとネイティブ通貨として利用。BAYCが30日より販売予定のメタバース「Otherside」の仮想土地もAPE建てで取引されることになる。

関連BAYCのメタバース「Otherside」、仮想土地のセールで約500億円の収益を見込む

関連Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します