仮想通貨企業Amber Group、資金調達を再び実施か

2月の230億円調達に続く

シンガポールの大手暗号資産(仮想通貨)企業Amber Groupは再び資金調達を進めているようだ。The Blockが情報筋の内容として報じた。

The Blockの情報筋によると、Amberは新ラウンドで最大1兆円(80億ドル)の評価額になりうる。また、ブルームバーグは1.3兆円(100億ドル)になると予測している。

Amberは今年の2月に260億円(2億ドル)を調達したばかりだった。当時のラウンドはシンガポールの政府系ファンドTemasekが主導し、大手VCのSequoiaやPantera Capital、Tiger GlobalやCoinbase Venturesも参加。

調達後の評価額は約4,000億円(30億ドル)に達した。新ラウンドの調達に成功した場合、今の評価額から約3.3倍膨らむことになる。

2018年に設立されたAmber Groupは、1,000以上の金融機関や機関投資家向けに仮想通貨のOTC取引やデリバティブ取引などを提供する業界の大手で、運用資産が6,500億円を超えている。なお2月上旬に、国内仮想通貨取引所ディーカレットの買収を発表していた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します