イーサリアムの流動性、Uniswapと集権型取引所を比較=大手VC Paradigmレポート

Uniswap v3の流動性

大手暗号資産(仮想通貨)VCのParadigm(パラダイム)は5日、イーサリアム(ETH)の取引環境においてUniswap v3(ユニスワップ)の優位性を示すレポートを公開。バイナンスやコインベースといった中央集権的な仮想通貨取引所より、Uniswap v3が深い流動性を提供していると主張している。

流動性が高いほど、利用者にとってスリッページによる損失の抑制につながる。スリッページは、取引において約定価格と指定した価格の間に生じた差額を指す。

Paradigm Researchは、Uniswap v3のイーサリアム(ETH)の取引環境は「あらゆる価格レベルでより優れた流動性を有すため、高額取引に適している」と述べる。

例えば、ETH/USDペアで約6.5億円(500万ドル)相当の取引を行う場合、価格スリッページと手数料を考慮すると、約300万円(約24,000ドル)節約できるという。同社によると、想定元本500万ドルの価格変動率はUniswap v3でおよそ0.5%、Coinbaseで1%。平均手数料はCoinbaseの方が2bps(0.02%)低い。

従来の仮想通貨取引所は、トレードが円滑に進むようにオーダーブックに流動性を提供する「マーケットメイク」を専門組織に依存している。

一方、Uniswap v3はオーダーブックを持たず、代わりに仮想通貨同士のペアで構成される流動性プールを使用。自動価格決定メカニズムを内蔵することでスマートコントラクト上でトークンの即時交換を実行する。各プールの流動性が大きい場合、スリッページは僅少になる。データサイトDeFi Llamaによると、Uniswap v3への預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は9,600億円(74億ドル)に上る(執筆時点)。

関連AMM(自動マーケットメイカー)とは|仕組みやリスクを解説

関連:Uniswap創設者、2022年の計画を発表

イーサリアムの取引環境

以下の図は、市場価格に対して±2%の現物市場のデプス(流動性指標の一つ)の日平均値が百万ドル単位で示されている(データ引用元:Kaiko)。

出典:Paradigm

Uniswap v3の「ETH/USD(USDC・USDT・DAI)」ペアは、バイナンスやコインベースよりも2倍以上の流動性を提供した(集計期間:21年6月~22年3月)。

Uniswap v3の「ETH/BTC(ビットコイン)」ペアは、バイナンスの3倍、コインベースの約4.5倍の流動性を提供した(同22年2月~22年3月)。

より詳細に見ると、Uniswap v3(ETH/USDC)、バイナンス(ETH/USDT)、およびコインベース(ETH/USD)の市場デプスは同測定期間中に以下のように推移している。

出典:Paradigm

その他、ETHの中規模プールで構成されたペアでは、Uniswapは集権型取引所よりも平均にして3倍弱の流動性を提供する。ステーブルコインの市場もUniswap v3の優位性が示されており、「USDC/USDT」ペアがバイナンスの5.5倍の流動性を提供している。本レポートの分析手法はオープンソースとして公開されている。

ParadigmはUniswapの初期投資家であり、業界最大規模の仮想通貨ファンドを有していることでも知られている。21年11月に同社は総額2,800億円(25億ドル)規模の投資ファンドを設立。このファンドは米大手ベンチャーキャピタル「Andreessen Horowitz(a16z)」が21年6月に調達した2,400億円(22億ドル)の仮想通貨ファンド『Crypto Fund III』を越えていた。

関連:業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します