Uniswap創設者、2022年の計画を発表

Uniswapの計画

分散型取引所(DEX)Uniswapの創設者Hayden Adams氏は1日、2022年の計画を発表した。

Uniswapは2022年に累積の取引高が1兆ドル(約115兆円)を超える予定だが、ユーザーが安全でシームレスに安くトレーディングを行えるような方法をさらに増やしていくと説明。開発者にはより多くのツールを提供したり、ガバナンスにさらに容易に参加できるようにしたりする予定だと述べている。

Uniswapとは

イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたDEX。取扱銘柄や出来高が多く、代表的なDEXの1つである。

▶️仮想通貨用語集

Adams氏は2022年の計画を述べる前に、2021年を振り返った。暗号資産(仮想通貨)全体の時価総額は一時3兆ドル(約340兆円)を超え、NFT(非代替性トークン)の需要が高まったり、DAO(自律分散型組織)が普及し始めたりするなど、2021年は仮想通貨にとって革新的な1年だったと述べている。

その上で、こういった成長を可能にした要因の1つはDeFi(分散型金融)のインフラの発展だと指摘。Web3.0プロジェクトやDAOの事例を挙げ、DeFiはマーケットや所有権の民主化に貢献しているとした。

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

Adams氏はDeFiの発展に触れる中で、Uniswapの成長にも言及している。2021年5月には「Uniswap v3」をローンチし、DeFiの資本効率を1,000倍高めたと主張。また、イーサリアム(ETH)上のDEXにおけるレイヤー1の取引のうち、Uniswapが最大75%を占めることもあると述べ、自身のプロジェクトの成果もアピールした。

関連Uniswap v3、イーサリアムメインネット実装完了

そして、2021年には手数料を下げられるようにUniswap v3を「Polygon」や「Arbitrum」、「Optimism」に統合したことも説明。また、助成金プログラムで開発者をサポートした実績にも言及している。

関連Uniswap v3、ポリゴンで正式ローンチ

一方で、これまでの成長は始まりに過ぎないと説明。今年は現在の100万から200万のユーザー数で取引高が1兆ドルに到達する予定だが、中央集権型の取引所のユーザー数がおよそ100倍多いことを考えればDeFiにはまだ成長余地が残されているとし、「2022年もDeFiのイノベーションを主導していく」と意欲を見せた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します