ゴールドマンサックスやバークレイズ、機関投資家向けの仮想通貨取引企業に出資

Elwood Technologiesが90億円を調達

暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームを運営するElwood Technologiesは15日、シリーズAラウンドで約90億円(7,000万ドル)の資金調達完了を発表した。

金融大手米ゴールドマンサックスと英バークレイズが主導し、VCファンドのDawn Capitalや独Commerzbankベンチャー部門、Digital Currency Group、Galaxy Digitalなども出資ラウンドに参加した。

調達資金は今後の製品開発や国際的な事業拡大に活用していく。

Elwood Technologiesはヘッジファンド「ブレバン・ハワード」の元CEOであるAlan Howard氏が2018年に設立した企業。フィンテック企業、資産運用会社など機関投資家向けに仮想通貨関連の市場データや取引インフラを提供している。

今回の資金調達後も、Howard氏が引き続き、Elwood Technologies株式の過半数を保有することになる。

Elwood TechnologiesのJames Stickland CEOは、「当社の歩みは新たな章に入ったところで、今後も可能性を拡大し続ける」とコメントした。

また、仮想通貨市場が下落している局面で資金調達に成功したことについては、短期的な利益ではなく長期的な視点から仮想通貨セクターにインフラに投資する企業がいることを証明したと説明している。

ゴールドマンサックスのデジタル資産部門責任者Mathew McDermott氏は、今回の投資は「デジタル資産に対する継続的なコミットメント」であるとして、次のように述べた。

仮想通貨に対する機関投資家の需要が高まる中、私達は顧客の需要に応えるために、市場での存在感と能力を積極的に広げてきた。

Stickland氏は、Elwood Technologiesは今後、金融機関の用いる既存の取引ソフトウェアに接続して、仮想通貨ポートフォリオの管理や取引を支援できるような技術プラットフォームを提供していきたいと語った。

ビジネス・金融ニュース大手ブルームバーグの提供する投資ターミナルや、資産運用会社ブラックロックの提供するポートフォリオ管理システムに似た技術プラットフォームを考えているという。

ブルームバーグとの提携

Elwood Technologiesは22年2月にはブルームバーグとの提携も発表。ブルームバーグの提供する注文管理システム(OMS)Bloomberg AIMと、Elwood Technologiesの仮想通貨取引プラットフォームを連繋している。

これにより、Bloomberg AIMを使う金融機関や投資マネージャーは、仮想通貨投資を、他のポートフォリオと一緒に把握・管理することが可能になる。プラットフォーム統合は2022年6月までに完了する見込みだ。

Elwood CEは今後、金融機関の用いる既存の取引ソフトウェアに接続して、仮想通貨ポートフォリオの管理や取引を支援できるような技術プラットフォームを提供していきたいと語った。

将来的には、ブルームバーグの提供する投資ターミナルや、資産運用会社ブラックロックの提供するポートフォリオ管理システムに似た技術プラットフォームを構想していると発言した。ブルームバーグによると、Bloomberg AIMは、世界900社以上の顧客企業で約15,000人の専門家によって活用されている。

注文管理システム(OMS)とは

英語で「Order Management System」。株式などの売買注文やパフォーマンス評価、リスクチェック、法的遵守チェックなどを効率的に行えるシステム。金融商品の高度化に応じて、機関投資家や金融機関で導入が進んでいる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します