バレンシアガ、仮想通貨決済に対応へ

メタバース事業も

フランスの高級ファッションブランド「バレンシアガ(Balenciaga)」は6月から、一部の店舗で暗号資産(仮想通貨)決済に対応する予定だ。

米WSJの報道によると、ニューヨークのマディソン・アベニューとカリフォルニアのビバリーヒルズにあるバレンシアガの店舗で仮想通貨決済を導入。対応する銘柄は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の2種類だという。

また、仮想通貨決済のほか、同社はメタバース事業も進めていることは明らかになっていた。昨年12月、独自のメタバース事業部を発表。今回、同社のCédric Charbit CEOはWSJの取材でそれに関する詳細の発言を控えたが、「メタバースはひとつの国であり、ブランドが現在展開している国と同じように重要な市場である」との考えを示した。

高級ファッションブランドやスポーツブランドが仮想通貨・NFT・メタバースに参入する事例は他にもあった。グッチやバーベリー、ナイキ、アディダスなどもNFTなどの事業を進めているところだ。

関連グッチ、仮想通貨決済を米国の一部店舗で導入へ

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します