フォビジャパン、IOST取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンは27日、IOST(アイオーエスティー)の取り扱い予定を発表した。

IOSTの入出金、販売所・取引所での取扱いを6月1日(水)より開始する。

IOSTは2019年にメインネットをローンチしたブロックチェーン・プロジェクト。Javascript言語で開発ができ、独自の合意形成アルゴリズムPoB(Proof of Believability)を採用している。

関連:仮想通貨IOSTとは|初心者でもわかる重要ポイントと関連サービス

また、フォビジャパンは26日にビットコインSV(BSV)の上場予定も発表した。

関連フォビジャパン、国内初のビットコインSV(BSV)上場へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します