ソフトバンクなど、Web3インフラ企業に約86億円出資

InfStonesに出資

Web3インフラ企業InfStonesは1日、資金調達ラウンドで約86億円(6,600万ドル)を調達したことがわかった。

ラウンドを主導したのはソフトバンクVision Fund 2とGGV Capitalで、 INCE Capital、10T Fund、SNZ Holding、A&T Fundといった大手企業も参加している。

InfStonesは新規資金の使途について、全社的な事業拡大および成長加速のために利用すると説明。同社は今年の2月にも43億円を調達していた。

InfStonesはブロックチェーンネイティブなWeb3開発者に向けてアマゾンウェブサービスのようなノード管理やAPIを提供するプラットフォームだ。プラットフォーム上でソラナ(SOL)イーサリアム(ETH)ポリゴン(MATIC)、BNBチェーンのバリデータノードを立ち上げたり、ステーキングサービスをホストしたりすることができる。

関連DAU200万人突破、「BNBチェーン」の重要ロードマップが公開される

ソフトバンクインベストメントアドバイザーのマネージングパートナーを務めるDennis Chang氏は声明で「InfStonesは、Web3時代の基盤となるインフラ層を提供し、エンタープライズグレードのノード管理とステーキングプラットフォームを提供することで、顧客がWeb3やDeFiに容易に参加できるようにしてくれる」と述べた。

関連仮想通貨セキュリティ企業CertiK、ソフトバンクなどから77億円調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します