CoinPostで今最も読まれています

暗号資産取引所CoinExが語る、UST騒動の余波

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinEx インタビュー

暗号資産テラ(旧LUNA:現在はLUNCに改名)の下落が影響して、大手ステーブルコイン銘柄のテラUSD(UST)が米ドルとディペッグを引き起こしました。結果的に、クリプト相場全体に波紋が及んだ2022年5月のテラ・UST騒動を受け、本格的に「仮想通貨の冬」や弱気相場の再来を嘆く声も多くなってきました。

しかし、その中でも継続して業界の発展と新規ユーザーへの参入障壁をなくすために尽力している海外取引所CoinExに相場の現状と今後の課題について語ってもらいました。

UST騒動から得た教訓とは

10年以上の成長を経て、暗号資産領域は順調に成熟してきています。しかし、USTのディペッグ騒動は市場全体に警鐘を鳴らしてしまいました。今回の事態は投資家が検討すべき多くの課題が浮き彫りとなったと言えるでしょう。簡潔に言えば、今回の一件はクリプト業界全体に今後のマーケットの先行きについて再考を促しました。

暗号資産市場は度々急落にさらされてきましたが、一連の騒動による市場のパニックは我々の想定内でした。しかし、投資家は市場に対する自信を失うべきではありません。

世界的な金融市場は依然として低迷が続いてますが、Web3.0は今後の暗号資産市場拡大に向けた大きなチャンネルとなり得る可能性を持っています。なので、CoinExは現時点でマーケットはWeb3.0をいかに支援し、新規ユーザーや資金をこの分野にもたらすことができるか焦点を当てるべきだと思います。

仮想通貨の冬は再来したのか

新たな弱気相場が暗号資産市場に訪れたことは明白です。各国の中央銀行は利上げを通じてインフレの抑制を試みていますが、直近数ヶ月の金融市場は引き続き下落しており、仮想通貨市場もこの余波を受けています。

22年5月、ビットコインは10ヶ月ぶりに3万ドルのラインを下回りました。主要アルトも軒並み20%以上下落しています。NFT市場にも影響は出ており、BAYCやAzukiなどのブルーチップNFTも24時間で20%フロアプライスが急落、流動性および取引量も大きな打撃を受けています。

また、暗号資産関連企業の株価も平均で10%以上急落しています。5月以降、暗号資産市場が苦境に立たされているのは間違いないでしょう。

過去の弱気相場との違いは

まず、ビットコインを見ると、現在の下落サイクルは2ヶ月ほど続いていますが、直近数年間の2度の急落(20年3月12日と21年5月19日)と比較すると大きく違います。

22年3月にはビットコイン価格は48,200ドルに達し、年初来の最高値を更新しました。当時は世界的な金融市場はロシアとウクライナの軍事的緊張感の影響を受けていましたが、ビットコインへの信頼は揺らいでませんでした。むしろ、このような低迷が続く相場でもBTC価格の上昇を望む声もありました。

しかし、5月上旬以降、ビットコインは複数の急落を経ており、大きな下落につながりました。ビットコイン以外でも、イーサリアムなどの主要銘柄も大きな打撃を受けました。

しかし、過去の弱気相場のセンチメントと比較すると、ユーザーは以前に比べると取引量(≒取引頻度)が減少しています。不安定なマクロ情勢に加え、このような市場心理も暗号資産市場が停滞期(プラトー)に到達したことを表しています。既存ユーザーの資金は引き抜かれ、新規参入する投資家の数も減少しています。

新たなスローガンに秘められた意味は

最新のブロックチェーン関連の発展や常に変化するユーザーの期待に応えるため、CoinExはスローガンと成長戦略を修正しました。

新スローガン:Making Crypto Trading Easier(暗号資産取引をより容易に)

これまで、暗号資産市場が成長して拡大を続ける中で、多くのユーザーがブロックチェーン業界に集まっていました。しかし、初心者にとっては複雑な取引所の登録プロセスや暗号資産取引の仕組みが新規ユーザーにとって大きな参入障壁となっているのも現状です。このような課題を踏まえ、CoinExは新規ユーザーが初めての暗号資産取引を完了できるまで、全てのプロセスを簡易化していきます。

現状のような弱気相場では、暗号資産取引が今のまま難しい状態が続けば、新たな投資家は減少を続ける一方となってしまいます。

CoinExはどのように仮想通貨取引を容易化している

ユーザーはCoinExのウェブ版とモバイルアプリを通じて、どこでも、そしていつでも、簡単に仮想通貨をトレードできます。また、我々はシンプルな商品デザインを目指しており、ユーザーがすぐにCoinEx商品や仮想通貨トレードを開始できる環境づくりも意識しています。

また、CoinExのヘルプセンターでは初心者向け機能からプロ向けのトレード戦法について情報を掲載しています。全ての新規ユーザーはブロックチェーン関連のトレードガイドへのアクセスもできます。

さらに、CoinExでは先物取引を行うためにKYC認証が不要でグローバルの仮想通貨ユーザーは簡単で安全な形で先物の取引が可能です。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
12:00
ギャラクシーデジタル、セルシウス傘下企業を買収
米大手仮想通貨投資企業ギャラクシーデジタルは、カストディ企業GK8を買収すると発表した。破産申請したセルシウスの事業売却に伴うオークションで落札した形だ。
11:20
博報堂、Web3合弁会社を設立
広告大手の博報堂は仮想通貨アスターネットワーク(ASTR)の開発を手がけるStake TechnologiesとのWeb3合弁会社「博報堂キースリー」を設立。国内でのWeb3ハッカソンの企画や運営を強化していく。
10:12
ジェネシス、ジェミナイに1,000億円超の債務=報道
仮想通貨仲介事業者ジェネシスとその親会社DCGは、仮想通貨取引所ジェミナイに約1,200億円の債務を負っている。ジェミナイは資金回収について両社と交渉中だと伝えられる。
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
BTC中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧