NFT特化型ブロックチェーンWAX、約13億円調達

ゲームFi開発加速へ

ゲームNFT特化型ブロックチェーンWAX(Worldwide Asset eXchange)は3日、仮想通貨取引所大手OKXのVC部門「OKX Blockdream Ventures」から約13億円(1,000万ドル)を調達したことを発表した。

出資を受けたのはWAXブロックチェーンを開発する「WAX Studios」で、資金はP2EのNFTゲームの開発、ゲームトークン専用の取引所の立ち上げおよびウォレットWAX Cloud Walletのアップグレードに充てられるという。

WAXは発表で、同ブロックチェーンのユーザー数は1,000万人を超えており、ソニーやNASCAR、Hasbroといった大手企業も利用していると説明。また2020年には国内大手ゲーム企業カプコンの代表的な格闘ゲームである「ストリートファイター」のキャラクターがデザインされたNFTもWAX上で発行された背景がある。

関連WAXブロックチェーン使用、人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のNFT発売へ

OKX Blockdream Venturesは今回の出資について、「我々の出資により、NFT機能をWAX基盤のゲームに統合することが可能となり、最終的にP2Eゲーム開発者に創造的な自由を与え、エンドユーザーにエンゲージメントの手段を提供することができるようになる」とコメントした。

NFTゲーム系の資金調達ペースはベア相場に置かれても勢いが衰えていないようだ。先月、VC大手のa16zは766億円(6億ドル)に相当する大型Web3ゲームファンド「GAMES FUND ONE」の設立を発表した。

関連成長産業への巨額投資相次ぐ、暗号資産関連企業の資金調達事例まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します