カルダノ開発IOHK、Vasilアップグレードのスケジュールを更新

Vasil(バシル)ハードフォーク

暗号資産(仮想通貨)エイダ(ADA)のブロックチェーンを開発するIOHKは29日、次期ハードフォーク「Vasil(バシル)」の最新のスケジュール感を示した。

Vasilはカルダノ・ブロックチェーンのスケーリング機能向上を目的としたハードフォーク。当初は6月29日のメインネット実装が予定されていたが、バグの確認のために延期されていた。

IOHKによると、7月4日5:20(日本時間)に始まるエポック215期で、テストネット上でVasilハードフォークが実行される。これはカルダノ・メインネット実装へのカウントダウンを意味する。

テストネット上でのVasil起動後からカルダノ・メインネットでの実行までに、ステーキングプール、プロトコル開発者、取引所サイドの検証作業に最低4週間を要するという。準備完了次第、テストネット同様にメインネットでVasilが起動するエポックが指定される。

次期ハードフォーク「Vasil」では、カルダノ・ブロックチェーンのネットワーク処理性能の大幅な更新、dApp開発者向けのPlutusスマートコントラクト言語の改善、そしてノード間でのブロック伝送効率の向上が期待されている。IOHKは、Vasilがカルダノにとって過去最大かつ最高のアップグレードであると述べている。

ハードフォークとは

主にブロックチェーンのアップグレードを意味する言葉として利用される。前後で互換性を保てない仕様上、プロトコルルールに適応するためにすべてのノードが最新バージョンのソフトウェアにアップグレードする必要がある。

▶️仮想通貨用語集

関連:GMOコイン、ステーキング対象銘柄にカルダノ(ADA)を追加

例えば、「Diffusion pipelining(伝播パイプライン)」の実装により、迅速にブロックを送信できるようになる。ブロック・ヘッダーやメタデータ、前のブロックに紐づくハッシュのみを伝播し、他のデータは次のブロックに含めることでノード間のブロック伝送を改善する。

また、ブロックサイズが拡張されるため、ブロック毎により多くのデータを保存できるようになる。カルダノの関連企業EMURGOは、「最終的にこれらの改善と最適化により、高速でスケーラブルなネットワークが実現する」と説明している。

エイダの大規模アップグレードは、21年9月に実行された「Alonzo」以来。Alonzoでは、カルダノ・メインネットにスマートコントラクト機能が追加され、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)などの開発・提供が可能になっていた。

24日付のIOHKの開発レポートによると、1,022のプロジェクトがCardano上に構築されており、NFT(非代替性トークン)のプロジェクト数は5,868に上る。今夏には、分散型アイデンティティ(DID)対応のカルダノ軽量ウォレット「Lace」のリリースが予定されている。

関連:米CME、ソラナ(SOL)やエイダ(ADA)などのデリバティブ取引の提供を検討

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します